1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

【CXRエンジニアリング】ミンカブ・ジ・インフォノイドとの資本業務提携のお知らせ

PR TIMES / 2021年10月6日 9時45分

~ 暗号資産取引所・FX取引所システムの提供及び国内でのTradingViewの展開で独占的連携~

CXRエンジニアリング株式会社(以下「CXR」、本社:東京都千代田区、代表取締役:加藤 宏幸)と、株式会社ミンカブ・ジ・インフォノイド(以下「ミンカブ」、本社:東京都千代田区、代表取締役社長 兼 CEO:瓜生 憲)は、金融機関向けサービス及び個人投資家向けサービスの両事業で、ミンカブが有する国内外の金融経済データや運営メディア事業とCXRが有するファイナンス・テクノロジーの連携を行うことを目的とし、資本業務提携を行うことを合意いたしました。当社の第三者割当増資にて、ミンカブがリードインベスターとしてシリーズAの出資者として確定したことをお知らせ申し上げます。

CXRは、主に1.暗号資産取引所システムの開発・運用事業、2.トークン発行及び運用サービス事業、3.チャートツール開発事業、4.分散型ファイル共有システム事業(IPFS:InterPlanetary File System)の4つの事業を展開し、操作性の高いユーザーインターフェースや独自のサーバー管理体制から、金融機関を中心とするお客様へのサービス提供を行っております。

ミンカブは、「MINKABU(みんかぶ)」「Kabutan(株探)」等、AIとクラウドインプットを活用した独自性の高い複数の投資家向け金融情報メディアを日本最大級の規模で展開しています。更に情報系Fintechソリューションベンダーとして、安定した技術力と豊富な検証データを背景に、様々な金融商品の分野において、金融機関向けシステム構築及び情報サービスの提供を行っております。

【提携内容】
■ 暗号資産取引所システム・FX取引所システムの共同開発
次世代の通貨として注目を集めるビットコインをはじめとした暗号資産の交換等サービスを提供するのが暗号資産交換業者です。2021年7月31日時点において、国内で金融庁登録を完了した暗号資産交換業者は28社となりますが、各種報道によれば100社程度が金融庁の登録審査待ちとなっており、国内の暗号資産交換業者数は今後急速に増加していく見通しです。また、海外においても300社を超える企業が暗号資産交換業を営み、その事業者数は増加傾向にあります。このため、暗号資産交換業の中核的な機能を担う暗号資産取引所システムの需要は国内外において高い成長が見込まれています。

暗号資産取引所システムには、高い堅牢性と高速な情報処理が必要とされ、システム構築が可能な企業は多くありません。CXRは2019年の創業で、AWS(Amazon Web Services)による製品のクラウド化、Terraform※1によるIaC(Infrastructure as Code)、分散型ネットワークシステムの確立、kubernetes※2 を用いたコンテナ管理といったメガSaaS(Software as a Service)型を採用したスタートアップ企業です。

現在、CXRは、暗号資産交換業者中心に、取引所システム開発、NFT(Non-Fungible Token:非代替性トークン)とのエクスチェンジシステムも視野に開発を進めております。暗号資産取引所とNFTプラットフォームのAPI連携、NFT投げ銭システム、個人情報を含めた重要情報をIPFSに格納する技術など、今後のブロックチェーン技術を用いたサービス向けに、FinTechインフラ企業として事業領域を拡大して参ります。


■ 「TradingVeiw」を活用したサービスの共同開発
CXRは、2019年7月より国内唯一の「TradingView」日本窓口となり、国内企業に「TradingView」のチャートの活用やサービスの導入のコンサルティング及びカスタマイズ開発を行っています。「TradingView」は、株式、FX、暗号資産等の多数の金融商品を対象に、高性能チャートや分析ツールを提供し、世界中のトレーダーが参加するSNS系ツールもカバーする世界最大級の総合トレーディングプラットフォームとなっています。2021年2月時点における登録者数は世界で1,500万人超であり、日本国内にも多くの登録者が存在します。

今後、両社は独占的パートナーシップの元、「TradingView」が具備するチャート分析機能とミンカブが保有する幅広い金融経済データ、各金融機関や暗号資産取引所のAPIを基に、様々な金融商品の保有状況管理及び取引をワンプラットフォームで提供可能なサービスをCXRと共に開発し、「MINKABU(みんかぶ)」や「Kabutan(株探)」等、ミンカブが運営する金融情報メディア上で独占的に「TradingView」を活用したツール提供を実現するほか、証券会社やFX事業者、暗号資産取引所等、ミンカブのBtoBtoC顧客に対して「TradingView」関連ツールを展開することに合意いたしました。これにより個人投資家のより良き投資の意思決定に寄与してまいります。

※1:HashiCorp社により開発されたインフラ自動構築のためのオープンソースのツール。
※2:コンテナ化されたワークロードやサービスを管理するためのオープンソースのプラットフォーム


■CXRエンジニアリング株式会社について( https://www.cxr-inc.com/
CXRエンジニアリングは、Finance分野から攻めるFintech・スタートアップ企業です。ブロックチェーン技術の発展と成熟を確信し、Internet2.0~3.0時代の次世代インフラ企業として大きな成長を目指しています。現在は、暗号資産取引所システム開発を中心に手掛け、FT(Fungible-Token:代替性トークン)・NFT市場へのAPI連携も視野に開発体制を整えました。TerraformによるIaC、分散型ネットワークシステムの確立、kubernetesを用いたコンテナ管理など、最先端のクラウド技術をオール自社開発にて構築済みです。
FinTechをFinから攻める企業、それがCXRエンジニアリングです。


社名       : CXRエンジニアリング株式会社
所在地      : 東京都千代田区内幸町一丁目1番6号
設立       : 2019年2月27日
代表取締役社長  : 加藤 宏幸
事業内容     : 1.暗号資産取引所システム、FX取引所システム、ネット証券取引所システムの
           企画・設計・開発・運用及び販売
           2.分散型ネットワークシステムの企画・設計・開発・運用及び販売
           3.上記に付随する保守・管理及びコンサルティング業務
           4.STOシステムの企画・設計・開発・運用及び販売
         5.上記に付随する保守・管理及びコンサルティング業務
           6.分散型ファイル共有システム(IPFS)の企画・設計・開発・運用
           7.上記に付随する保守・管理及びコンサルティング業務
           8.前各号に付帯関連する一切の業務
連結子会社    : CXRキャピタル株式会社

■株式会社ミンカブ・ジ・インフォノイドについて( https://minkabu.co.jp/
ミンカブは、日本最大級の資産形成情報メディア「MINKABU(みんかぶ)」及び株式専門情報メディア「Kabutan(株探)」等の運営を通じ、株式をはじめ、暗号資産(仮想通貨)、FX(外国為替)、商品先物、投資信託、保険、不動産など様々な金融商品を対象とした投資情報を提供しています。また、ユーザーの投稿や閲覧のデータを集約して利用するクラウドインプットの仕組みとビッグデータを解析し瞬時にコンテンツを生成するAIを活用しながら、一般投資家のみならず金融機関向けにもソリューションパッケージとして情報の提供を行っています。

社名           : 株式会社ミンカブ・ジ・インフォノイド
所在地          : 東京都千代田区九段北一丁目8番10号
設立           : 2006年7月7日
代表取締役社長 兼 CEO : 瓜生 憲
事業内容         : メディア事業、ソリューション事業
連結子会社        : Prop Tech plus株式会社、ロボット投信株式会社
     

■本件に関するお問い合わせ先
CXRエンジニアリング株式会社
e-mail:info@cxr-inc.com

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング