ATCに先端技術開発を支援するフロアを開設

PR TIMES / 2020年10月21日 18時45分

Society5.0(新たな社会)の実現を目指して~10月28日(水)10:00 内覧会・試乗体験 開催~



現在、ATCには社会課題解決をテーマとした常設展示場「ATCエイジレスセンター」や「おおさかATCグリーンエコプラザ」の他、先端技術を活用したビジネス創出拠点の「ソフト産業プラザTEQS」、未来&テクノロジー体験施設「オープンテクノロジーセンターRobo&Peace」、日本のものづくりを支える自動化支援と人材育成拠「IATC」など、社会課題の解決や先端技術関連の施設やその入居企業の集積が進んでおります。
また、2017年から大阪市と協定を結びIoT・ロボットなど先端技術の実証実験の場として、複合施設の商業ゾーンやオフィス、展示場、トラックヤード、屋外などを提供し、実際に一般来場者が存在する多様な環境下で製品・サービスの実証実験にご利用いただいております。
[画像1: https://prtimes.jp/i/68158/4/resize/d68158-4-296992-6.jpg ]

2025年に開催される大阪・関西万博では、コンセプトを未来社会の実験場 ”People's Living Lab”と定め、社会課題をテクノロジーで解決するSociety5.0(新たな社会)の実現を目指すということで、当社活動とも合致しており、万博の開催にあわせ、先端技術関連企業の更なる集積と、上記施設や実証支援などと連携する事により、先端技術の社会実装の推進を含めたイノベーション創出拠点となるべく、ATCのITM棟3F西側に先端技術開発の支援フロアを開設いたしました。
2025年の大阪・関西万博を見据え、対象となる企業・団体様には優遇賃料でご入居いただく事で、新たなイノベーション創出拠点形成を加速させます。

<先端技術の開発支援フロア概要>
[画像2: https://prtimes.jp/i/68158/4/resize/d68158-4-143506-1.jpg ]

・場 所:ATC  ITM棟3階西側
・開始日:2020年10月28日(水)
・対 象:先端技術を活用しSociety5.0、万博、スマートシティビジネスへの参入を目指す企業・団体
・優遇賃料によるサポート:
 4,000円/月坪(税別・賃料共益費込み)
・面積:23坪(76平方メートル )~113坪(373平方メートル )
※1年ごとに坪単価1,000ずつ増(上限8,000円/月坪)
※光熱費別

<株式会社ロボリューションが先駆けてショールームを開設 ~試乗体験もスタート~>

[画像3: https://prtimes.jp/i/68158/4/resize/d68158-4-861403-2.jpg ]

昨年11月に「ROBOLUTION」シリーズとして発表している自律走行誘導ロボット と 自動追従モビリティのシリーズに、小型の人搭乗型追従モビリティ「ROBOLUTION 01M」とメモリートレース機能有した荷物運搬型モビリティ「ROBOLUTION 02M」の新たに2種機を製品ラインナップに加え、2025年の大阪・関西万博での運用を見据えて、移動ソリューションを実証&体験できるショールームをATC ITM棟3階開設しました。
(場所:ITM棟3階D-2区画  http://www.robot-revolution.com/

<先端技術の開発支援フロア内覧会・試乗体験>
【日時】2020年10月28日(水)10:00~11:30(受付:9:30~)
【場所】ATC ITM棟3階西側 ROBOLUTIONブース(大阪市住之江区南港北2-1-10)
【内容】
・大阪・関西万博に向けたATCの取り組みについて
 アジア太平洋トレードセンター株式会社 広報企画室長 福井 崇之
・移動ソリューション ショールーム内覧・試乗体験
株式会社ロボリューション 代表取締役社長 小西 康晴
・先端技術の開発支援フロア(ATC ITM棟3階西側)内覧会
【申込】
2020年10月27日(火)13:00までに下記メール宛にてお申込み下さい。
 アジア太平洋トレードセンター株式会社
 広報企画室長 福井 崇之
 t-fukui@atc-co.com

<ATC内の先端技術関連施設>
■オープンテクノロジーセンターRobo&Peace( https://robo-peace.jp/
 区画:ITM棟3階D-1、E-1A区画
 業種:未来&テクノロジー体験施設
■ソフト産業プラザTEQS( https://teqs.jp/
区画:ITM棟6階
 業種:先端技術を活用したビジネス支援拠点
■5G X LAB OSAKA( https://teqs.jp/5gxlab
[画像4: https://prtimes.jp/i/68158/4/resize/d68158-4-636210-3.jpg ]

2025年の大阪・関西万博を見据え、ATCのITM棟6階ソフト産業プラザTEQS内にソフトバンク株式会社が大阪市およびAIDOR共同体と共同で、企業が5G(第5世代移動通信システム)の技術検証や体験を行える施設「5G X LAB OSAKA(ファイブジー・クロス・ラボ・オオサカ)」が10月1日(木)オープンしました。
■IATC( https://iroobo.jp/project/iatc/
 区画:ITM棟11階おおさかATCグリーンエコプラザ内
 業種:日本のものづくりを支える自動化支援と人材育成拠点

<関連事業>
■実証実験フィールドを提供
[画像5: https://prtimes.jp/i/68158/4/resize/d68158-4-813924-4.jpg ]

 ATCでは、大阪市 先端技術ビジネス創出支援事業「IoT・ロボットビジネス実証実験支援プログラム」において実証実験フィールドを提供しています。( https://teqs.jp/experimentation
■ Business Gateway ATC 9月1日(火)スタート
  ビジネスカテゴリーや成長ステージにとらわれず、ビジネスの成長を支援することを目的に、テクノロジー、環境・SDGs、介護・福祉、クリエイティブ、住関連等の多岐にわたるビジネスカテゴリーの専門家(コミュニティーマネージャー)を配置し、大阪産業局とも連携しビジネスをサポートします。( https://www.atc-co.com/business-gateway/
[画像6: https://prtimes.jp/i/68158/4/resize/d68158-4-411583-5.jpg ]


企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング