1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

環境省 令和3年度「オフサイトコーポレートPPAによる太陽光発電供給モデル創出事業」採択決定のお知らせ ~シナネン様へのオフサイトコーポレートPPAサービス~

PR TIMES / 2021年8月31日 13時19分



[画像: https://prtimes.jp/i/71691/4/resize/d71691-4-01037ed1fa36dc0fb0bd-0.jpg ]

株式会社クリーンエナジーコネクト(本社:東京都品川区、代表取締役:内田 鉄平、以下クリーンエナジーコネクト)は、シナネンホールディングス株式会社とシナネンホールディングスグループのシナネンエコワークス株式会社との共同申請によって、環境省が実施する「令和3年度オフサイトコーポレートPPAによる太陽光発電供給モデル事業※」の二次公募に採択されたことをお知らせいたします。

■採択事業の概要
 クリーンエナジーコネクトが設置するNon-FIT低圧太陽光発電所(合計約270kW)からの生グリーン電力を、シナネンホールディングスグループが所有するオフィスビルおよび工場に対して、小売電気事業者であるシナネン株式会社を通じて供給します。

 シナネンホールディングスグループが所有するオフィスビルと工場は、用途の違いにより電力使用量のピーク時間帯などが異なるため、これらの需要を合計することで太陽光発電設備からの発電量を効率よく消費されます。

 また、本事業で新しく設置するNon-FIT太陽光発電所は、野立型の低圧太陽光発電設備であり、茨城県内3か所に設置しアグリゲートする方式を採用します。太陽光発電所を分散設置しアグリゲートする方式は、天候不順や自然災害リスクが分散され、電力供給開始までのスケジュールも短くて済むことから、新規性のある再生可能エネルギーの調達をスピーディに実現するメリットがあります。

■今後の事業展開
 クリーンエナジーコネクトは、今年4月にシナネン株式会社と共同で、新規に建設するNon-FIT太陽光発電所からの電力と環境価値を、環境意識の高い需要家へと提供する「バーチャルコーポレートPPAスキーム」を構築しています(※2021年4月5日プレスリリース参照:シナネン株式会社様とバーチャルコーポレートPPAによるグリーン電力の供給スキームを共同構築 | 株式会社クリーンエナジーコネクト ( https://cleanenergyconnect.jp/136/))。

 クリーンエナジーコネクトは、今回の採択事業をパイロットモデルの一つとして、今後もシナネン株式会社と協業しながら国内に分散設置するNon-FIT小規模太陽光発電所から、需要形態の異なる複数の需要施設へ生のグリーン電力を供給するオフサイトのコーポレートPPA事業として広く水平展開していく予定です。RE100、SBT等に参加される多くの環境先進企業へ向けて、新規性のある再生可能エネルギーをお届けすることで、脱炭素社会の実現に貢献していきたいと考えております。

■会社名称   株式会社クリーンエナジーコネクト
設立   2020年4月
代表者   代表取締役 内田 鉄平
所在地   東京都品川区東五反田5-11-1
事業概要   法人向けNon-FIT再エネ発電事業、グリーン電力ソリューション事業
URL      https://cleanenergyconnect.jp
連絡先    info@cleanenergyconnect.jp

※環境省 令和3年度「オフサイトコーポレートPPAによる太陽光発電供給モデル創出事業」
正式名称:令和3年度二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金(PPA活用など再エネ価格低減等を通じた地域の再エネ主力化・レジリエンス強化促進事業)のうち「オフサイトコーポレートPPAによる太陽光発電供給モデル創出事業」
事業の目的:長期的かつ低廉な価格の太陽光発電の供給を促進することを目的として、脱炭素化の推進に資するオフサイトコーポレートPPAにて太陽光発電による電力を供給する事業者に対して支援が行われるもの。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング