1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

室内の換気状態をアプリで“見える化”『換気エアミエル』を開発

PR TIMES / 2021年3月26日 18時45分

高精度な「NDIR(非分散型赤外線)方式CO2センサー」の採用で、より正確に換気の見える化を! 二酸化炭素濃度・湿度・温度をリアルタイムで監視し、過密状況を把握できる。

株式会社ステップワン(本社:神戸市中央区、代表取締役:門之園真也、以下 当社)は、簡単・正確に室内の二酸化炭素濃度を測定することにより換気状況をアプリで確認できる『換気エアミエル』を開発し、4月初頭より提供を開始いたします。



「換気エアミエル」は、Bluetooth Low Energy(*1)を使って本製品とスマートフォン間で直接通信するため、Wi-Fiルーターやインターネット環境、ユーザー登録が不要で、すばやく簡単にご利用いただけます。
(*1) ほとんどのスマートフォンに搭載されている近距離無線方式
[画像1: https://prtimes.jp/i/75213/4/resize/d75213-4-172066-0.jpg ]

[画像2: https://prtimes.jp/i/75213/4/resize/d75213-4-360083-1.jpg ]



『換気エアミエル』について

人は呼吸することでCO2を吐き出すため、密閉された空間ではCO2濃度はどんどん増えていき、良好な換気があるとCO2濃度は一定以下に抑えられます。つまり、CO2濃度を見れば換気の状態が分かります。
「換気エアミエル」は、高精度なNDIR(非分散型赤外線)方式CO2センサーを採用することで、より正確な換気の見える化を実現しました。


[表1: https://prtimes.jp/data/corp/75213/table/4_1.jpg ]


【iOSアプリ】 https://apps.apple.com/us/app/id1549479731
[画像3: https://prtimes.jp/i/75213/4/resize/d75213-4-587405-2.jpg ]

【Androidアプリ】 https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.stepone.air_mier

[画像4: https://prtimes.jp/i/75213/4/resize/d75213-4-308123-3.jpg ]


−機能と特長−
1. 二酸化炭素濃度・湿度・温度(室温)を同時に測定。
専用アプリでリアルタイムにモニタリングできます。
2. 最大10台まで同時接続可能。
3. ネット環境不要のBluetooth接続
4. 便利なUSB電源供給
5. 本体LED点滅色で状況を確認できます。
6.スマホアプリの音で状況を確認できます。
[画像5: https://prtimes.jp/i/75213/4/resize/d75213-4-950419-4.jpg ]

−商品ホームページ−
https://www.stepone.co.jp/products/kanki-airmier/


最大10個までの換気エアミエルのセンサー値を同時表示できるため、換気状況を一括して見える化することが可能


[画像6: https://prtimes.jp/i/75213/4/resize/d75213-4-746471-5.jpg ]

−こんな使い方ができます−
【飲食店やフィットネスジム、カラオケボックス経営者の方】
*タブレットを設置して換気状況を表示
*来店されたお客様がご自身のスマホで換気状況を確認できます。

【保育園や学習塾など】
*エアコンは使いたいけど定期的な換気も必要…。
換気が必要なタイミングが分かります。
*保育士の方やお迎えの保護者の方もご自身のスマホで確認でき、いつも安心です。

【オフィスやご家庭で】
*誰でも換気状況を見ることができ、気がついた人が窓を開けて換気することができます。

安心の日本製 高度な技術を社会のために(開発に至る背景)


当社では、 2014年から半導体商社のユニ電子株式会社様と共同で様々なセンサーをIoT化(*2)するLogttaシリーズを開発してきました。 そのシリーズの1つとして、 高性能なCO2センサーを搭載したLogtta CO2を2016年に販売開始し、 様々な産業用途に採用され高評価を頂いてきました。
(*2)「Internet of Things」の略で、 現実世界の物理的なモノに通信機能を搭載して、 インターネットに接続・連携させる技術。

新型コロナウィルス感染拡大を受けて…
そんな中、 2020年から広がった新型コロナウイルス感染拡大により、 三密回避が重要になりました。 そこで、 Logtta CO2の二酸化炭素値を設定なしで簡単に見ることができるAndroid/iOS対応の「Logtta CO2モニター」アプリを新たに開発し、 換気状態の見える化を提案。 感染拡大防止対策の一助となるべく、 開発に力を注いできました。 この取組はテレビ、 新聞を始めとした多数のメディアでも紹介されました。

より身近な商品の開発を目指して…
今まで培った技術や産業用レベルの高精度センサーを使い、 より簡単・正確にスマートフォンで換気の見える化が行えるCO2センサー「換気エアミエル」を開発しました。


[表2: https://prtimes.jp/data/corp/75213/table/4_2.jpg ]


[画像7: https://prtimes.jp/i/75213/4/resize/d75213-4-901262-6.jpg ]

ご注意:本機器は換気の状況を見える化するものであり、感染症蔓延予防の一助になりますが換気さえすれば感染症を防げるものではありません。



企業情報

株式会社ステップワン https://www.stepone.co.jp/
〒651-0088
神戸市中央区小野柄通4-1-22 アーバンエース三宮ビル10F
TEL 078-271-8530 FAX 078-271-8531

お問い合わせ: products_support@stepone.co.jp
商品HP: https://www.stepone.co.jp/products/kanki-airmier/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング