ライオン株式会社【受験とプレッシャーに関する東大生意識調査】 合格の秘訣はプレッシャーマネジメントにあり !? 東大生はプレッシャー対策に秀でていた!

PR TIMES / 2012年1月5日 15時15分



===================================================
【受験とプレッシャーに関する東大生意識調査】
合格の秘訣はプレッシャーマネジメントにあり !?
東大生はプレッシャー対策に秀でていた!
~試験時 「下痢止め薬を携帯する」、「トイレ位置事前確認」で他の大学生と差~
===================================================

「ストッパ受験応援プロジェクト」(ライオン株式会社 社長・濱 逸夫)は、大学入試センター試験を直前に控え、東京大学に合格した現役の東大生200人および他大学生500人に「受験とプレッシャーに関する意識調査」を実施しました。その結果、東大生は他の大学生と同じように受験に対してプレッシャーを感じていた一方、プレッシャー対策をよりしっかり行い受験に臨んでいた事がわかりました。

<調査概要>
・調査期間:2011年12月7日~8日
・調査方法:面接アンケート調査、N=200(現役の東京大学学生)
 ※株式会社トモノカイによる調査
・調査期間:2011年11月25日~29日
・調査方法:web調査、N=500(日本全国の大学受験経験のある男女大学生)

(1)調査結果
■東大生でも受験にプレッシャーを感じていた
東大生に受験時のプレッシャーを聞いたところ、「全くプレッシャーを感じなかった」と答えた人は200人中わずか2人であり、99%が何らかのプレッシャーを感じたことがあると答えました(図1)。東大生も他の大学生と同じように受験でプレッシャーと戦っていたことがわかりました。受験のポイントは「誰でも感じる受験のプレッシャーにどう対処すべきか」という“プレッシャーマネジメント”にありそうです。

■東大生は準備万端。差が出た「プレッシャーなどから起こる下痢対策」
試験本番で最も困ることを聞いたところ、東大生の3人に1人が「急な下痢」をあげています(図2)。また、受験のプレッシャーなどによる下痢対策をしていたか聞いたところ、「トイレの位置を事前確認した(32.5%)」「下痢止め薬を携帯した(24.5%)」と、他の大学生と比較してどちらも東大生の方が高い結果でした(図3)。入試当日に実力が発揮できるように、事前に急な下痢などのトラブル対策を慎重に行っていた東大生の姿が浮かびあがりました。

■東大生が選ぶプレッシャーに強そうな有名人、歴史上の人物は圧倒的に「織田信長」
プレッシャーに強そうな有名人を聞いたところ、男性タレントは「明石家さんま」さん、女性タレントは「前田敦子」さん、歴史上の人物は「織田信長」、アニメキャラクターは「ルフィ(ワンピース)」でした。中でも「織田信長(44件)」、「ルフィ(23件)」は東大生から多く支持されました(図4)。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング