子どもの素朴な質問から世の中の仕組みが学べる教養書 大人の学び直しがテーマの『なんで水には色がないの?』11月8日発売

PR TIMES / 2014年11月7日 10時8分

子どもの素朴な質問をきちんと考えることが、未来の日本を救う!? 子どもの頃の疑問を解決してきたかどうかで子育て・年収差に大きな違いが発覚



 株式会社文響社(東京都港区 代表取締役社長:山本周嗣)は2014年11月8日(土)に大人も知らない世の中のしくみについて、子どもの質問から紐解いた「なんで水には色がないの?」(著者:五百田 達成)を発売します。

この発売に伴い、子どもの頃に抱いた疑問を解決してきたかどうかが子育てや年収に影響があるのかどうかを調べるために「子どもの頃の疑問に関する調査」を実施しました。


■ 調査の結果から、子どもの頃に疑問を解決することが日本の未来のためにもなる

◆子どもの頃に持った疑問を解決してきたかで将来が大きく変わる
【調査Summary】 30代・40代の男性200名ずつ(計400名)

子どもの頃に疑問を解決してこなかった人が過半数。
子どもの頃に疑問を解決してきた人としてこなかった人とで、年収が500万円以上(男性の平均年収)の割合に10%以上の差。
子どもの頃に疑問を解決してきた人としてこなかった人とで、子どもからの質問への対処法が適切でない割合に25%以上の差。

2014年10月23日実施:インターネット調査

 文響社は子どもの頃の疑問をそのままにしてしまうことが、今後の人生にも悪影響をもたらすのではないかと考えました。そこで、この仮説を検証するために2014年10月23日(木)に、30代の男性200名、40代の男性200名に「子どもの頃の疑問に関する調査」を実施しました。この調査により、子どもの頃に生じた疑問をきちんと解決していくことが将来にも影響を及ぼすことが明らかになりました。


●子どもの頃に疑問を解決してこなかった人は53%と過半数
 まず、「あなたは子どもの頃、疑問に思ったことをきちんと解決していましたか?」と聞いたところ、「ほとんど解決していた」という人は11%、「どちらかというと解決していた」という人が36%でした。一方で、「ほとんど解決していなかった」という人が14.3%、「どちらかというと解決していなかった」という人が38.8%となり、子どもの頃に疑問を解決してこなかった人が53.0%と過半数を占めました。日本人男性の多くが子どもの頃からの疑問をそのままにしてきてしまった問題が明らかになりました。


●子どもの頃に疑問を解決してきた人としてこなかった人とで、年収差・子どもからの質問への対処法に大きな差
 次に、「あなたは子どもからの質問で答えられないものがあった場合、どうしますか?(子供がいない方は、もし子どもがいたとしたら、でお答えください)」と聞いたところ、最も多い回答が「子どもと一緒になって答えを探す」で54.5%でした。そこで、前問の質問の答えの「子どもの頃に疑問を解決してきたか、してこなかったか」で比較してみました。
 そこで子どもからの質問に対して答えが出るように対処したか(※1)、正しい答えが出ないままにしてきたか(※2)の割合を見てみました。
 ※1:「子どもと一緒になって答えを探す」、「子どもに、自分で調べなさいと言う」、「自分で調べて子どもに教える」のいずれかを選んだ
 ※2:「それらしい事を言ってごまかす」、「わからないと素直に伝える」、「何も答えない」、「答えを保留する」のいずれかを選んだ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング