「夢・化学-21」わくわく理科・実験教室 参加者募集開始

PR TIMES / 2013年3月28日 14時39分

初回は5月18日(土)、2013年度は全6日開催

化学の学会ならびに産業界で組織する「夢・化学-21」委員会は、小学1年生から4年生を対象としたシリーズ講座 “「夢・化学-21」わくわく理科・実験教室” を5月18日(土)より、科学技術館(東京都千代田区)にて開催します。講座は1日につき同じプログラムを2回行い、来年1月18日(土)まで全6日実施します。参加費は無料で、4月25日(木)まで、初回5月18日(土)実施分と、全ての講座に参加できる継続参加分の参加申込みを受け付けます。



“「夢・化学-21」わくわく理科・実験教室” は、実験や工作、観察を通じて、子どもたちに化学の 面白さや不思議さを伝えるとともに、科学的なものの見方や実験器具の扱い方を習得してもらうことを目的として開催している体験型の講座です。中学校や高校の先生の直接指導のもと、小学校の授業ではなかなかできない様々な実験に取り組んでもらいます。
今年度は、2013年5月18日(土)、6月15日(土)、7月6日(土)、10月5日(土)、11月16日(土)、2014年1月18日(土)に開催。初回となる5月18日のテーマは『水圧を感じよう』で、ペットボトルやゴム手袋を使って実験器具をつくり、水深による水圧の大きさの違いや、水圧がかかる方向などについて、目で見て、触って学びます。今年度はこのほか、写真ができるしくみを知る実験や、色を変化させたり光らせたりする実験、空気に秘められた力を知る実験などを行う予定で、身の回りにあるモノを使って“化学”の魅力を継続的に体験・学習していきます。

申込みは、「夢・化学-21」ウェブサイト(http://www.kagaku21.net/) にて受け付けます。今回は、5月18日実施分を対象とした「各回参加」のほか、来年までの全ての講座に参加できる「継続参加」の申込みも受け付けます。申 込締切りは4月25日(木)。講座の定員は各回ともに40名で、「各回参加」は30名、「継続参加」は10名です。申込み多数の場合は抽選を実施し、当選 者にのみ「参加証」を送付します。なお、第2回以降の講座の申込みについては、後日ウェブサイトでご案内します。


■「夢・化学-21」わくわく理科・実験教室 概要■

名称 :  「夢・化学-21」わくわく理科・実験教室
開催場所 : 科学技術館 4階 実験スタジアム
所在地 : 東京都千代田区北の丸公園2-1
開催日・内容 :  2013年5月~2014年1月まで 全6日間(12回)
開催日/テーマ/実施教諭
5月18日(土)  「水圧を感じよう」      高橋美由紀先生 (文京区立第九中学校)
6月15日(土)  「写真のしくみを知ろう」   荘司隆一先生 (筑波大学附属中学校)
7月6日(土)   「色の不思議」        宮本一弘先生 (開成学園開成中学校・開成高等学校)
10月5日(土)  「空気の力」         樋口健太郎先生 (北区立明桜中学校)
11月16日(土) 「不思議なコップをつくろう」 宮内卓也先生 (東京学芸大学附属世田谷中学校)
1月18日(土)  「音のふしぎ」        牧野順子先生 (品川区立小中一貫校八潮学園)

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング