イラストコミュニケーションサービス「GALLERIA[ギャレリア]」ユーザ20,000人突破

PR TIMES / 2012年6月19日 16時1分



株式会社pipa.jp(神奈川県鎌倉市/代表取締役:川合和寛 以下pipa.jp)が開発・運営するイラストコミュニケーションサービス「GALLERIA[ギャレリア]」において、6月18日に通算登録ユーザ数が20,000人を突破いたしました。

「GALLERIA[ギャレリア]」( http://galleria.emotionflow.com/ )は友達の概念を廃し、緩いつながりを特徴とした、オープンなイラストコミュニケーションサービスです。 イラストのアップロードはもちろん、レイヤー付きペイントツール、鉛筆ツール、ドットエディタをすべて無料でご利用いただけます。 これらのツール類は手書きブログ同様、ブラウザのFLASHを利用しているため追加アプリケーションのインストールを一切必要とせず、直接ブラウザ上から利用可能です。
ユーザはtwitter同様、フォロー・フォロワーの緩い関係でつながり、閲覧に会員登録は必要ありません。

当社では、手書きの文字や絵によるネットワーク上の人間味のある表現手段をタイプライター文化を持たない日本発の世界ブランドとすべく、今後も機能の開発提供および快適な利用環境の提供に取り組んで参ります。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング