日本のギャップイヤーを考えるシンポジウム開催

PR TIMES / 2012年5月16日 15時22分

報道関係者向けご参考資料

2012年5 月16日
ブリティッシュ・カウンシル
明治大学国際教育研究所

-----------------------------------
ブリティッシュ・カウンシル、明治大学国際教育研究所
日本のギャップイヤーを考えるシンポジウム開催
― 2012年6月4日(月)14時~17時 ―
-----------------------------------

 英国の公的な国際文化交流機関であるブリティッシュ・カウンシル(所在
地:東京都新宿区、駐日代表:ジェフ・ストリーター)と、明治大学国際教
育研究所(所在地:東京都千代田区、代表:横田雅弘)は、2012年6月4日
(月)、明治大学にて、ギャップイヤーに関するシンポジウム『日本における
ギャップイヤーの可能性』を開催します。

 近年のグローバル人材ニーズの高まりから、日本の若者が海外での就学や就
業経験を得るひとつの手段としてギャップイヤー(*)が注目されています。
日本国内でも複数の大学が、大学合格から入学までの間に6ヶ月間の「ギャ
ップ(「すき間」の意)」期間が生じる秋入学制度への移行を検討しており、
従来以上に、ギャップイヤーに対する関心が高まっています。
 本シンポジウムでは、日英から関係者をお招きし、英国および諸外国におけるギャップイヤーの基本情報を提供するとともに、日本でギャプイヤーが導入
された場合に生じる機会や課題について話しあいます。学生、大学、産業界な
どの幅広い視点から意見交換を行い、日本で機能するモデルを探ります。

■開催概要
日本語名称:日本におけるギャップイヤーの可能性
英語名称:The future of gap years in Japan: learning from overseas experiences
主 催:明治大学国際教育研究所、ブリティッシュ・カウンシル
共 催:株式会社エスティーエートラベル、明治大学国際連携本部
協 力:日本ギャップイヤー推進機構協会(JGAP)
日 時:2012年6月4日(月)14:00~17:00
   (終了後、17:30~19:00レセプション)
対 象:ギャップイヤーに関心のある日本の教育・政府・企業・
    メディア関係者の方
会 場:明治大学アカデミーコモン2階 (東京都千代田区神田駿河台1-1)
言 語:日本語、英語(同時通訳あり)
参加費:シンポジウム 無料
レセプション 3,000円
参加方法:オンライン登録フォーム(http://www.britishcouncil.or.jp/ihe/archives/1733よりリンク)から、
事前にご予約ください。定員になり次第、締切となります。
定員: 200名
※プログラム詳細は添付資料をご参照下さい。
*ギャップイヤー
 英国をはじめ海外の大学では、学生が希望する場合、入学までの一定期間、
あるいは在学中の一定期間の「ギャップ(「すき間」の意)」の取得を認める
場合が多く、学生の一部はこの期間を利用して、留学やインターンなど海外で
経験を積んだり、ボランティア活動などに充てています。これを一般的に「ギ
ャップイヤー」と呼んでいます。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング