~マンション内のご近所づきあい・コミュニティ形成に関する意識調査~マンション居住者同士の交流は必要 82% 震災でニーズが高まる一方、約4 割が「立ち話をする人がいない」という現実

PR TIMES / 2012年4月17日 13時37分



マンション向けインターネット接続事業を展開する株式会社つなぐネットコミュニケーションズ(代表:石塚和男、東京都千代田区、以下つなぐネット)は、2012 年1 月25 日にインターネット上で「マンション内のご近所づきあい・コミュニティ形成」に関する意識調査を行いました。

■ 調査結果(まとめ)

1.マンションでの交流(ご近所づきあい)を「必要」と回答した方は82%。【結果1】
必要な理由としては、「防犯、防災力の向上につながるから」(84%)、「助け合いがうまれるから」(71%)、「トラブルの防止につながるから」(62%)が上位という結果になりました。【結果2】

一方、現状では挨拶以上の交流をする人は少なく、「挨拶をする人がひとりもいない」が8.1%に対し、「立ち話をする人がひとりもいない」は38%という結果になりました。【結果3】


2.コミュニティ(※) については、現在「コミュニティが形成されている」という回答は28%でしたが、【結果4】「今後コミュニティが必要」という回答は76%にものぼりました。「東日本大震災を体験して必要性を感じた」という声も多く寄せられました。【結果5】

防災などをきっかけに、マンションでの交流・コミュニティを求める傾向が強くなっています。

※コミュニティとは、「マンション内の交流や活動など通じ、「共同管理」「相互扶助」「危機管理」などに取り組むための土台づくり」と定義しています。

※結果1~5のグラフは本リリースの調査結果(データ)にてご覧いただけます。


■ 調査結果の概要

・調査日: 2012年1月25日

・調査方法:インターネット(マンション・ラボサイト)

・回答数: 1,004名(20代~80代のマンション居住者 男女)

■ マンション内の交流を活性させるために

マンション内の交流を必要と感じながら現状は挨拶する程度、という方が多数という結果となりました。マンション内での交流を求める傾向が強まる中、活性化させる仕組みづくりが求められていることが見えてきます。

つなぐネットでは、マンション内の情報共有ツールのご提供やイベント開催サポートなど、マンション内のコミュニティ形成を支援する活動を行っています。

関心の高い「防災」をテーマに、マンション内イベントを行った事例はこちら
http://www.tsunagunet.com/bousai/report02.html

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング