SE構法、大規模建築物にも対応可能に。 <純>木造ラーメン構造へリニューアル。

PR TIMES / 2012年5月9日 9時37分



<プレスリリース>                       2012年5月9日

SE構法、大規模建築物にも対応可能に。
<純>木造ラーメン構造へリニューアル。

~ 木造の長期的安全にむけて、SE構法は新たなステージへ ~

株式会社エヌ・シー・エヌ
本社:東京都港区赤坂4-8-14
社長:田鎖郁男、資本金:1億円
URL:http://www.ncn-se.co.jp/

全棟構造計算書付きのSE構法を独立系住宅ビルダー、工務店による全国のSE構法登録施工店を通じて供給している株式会社エヌ・シー・エヌ(以下 NCN、URL:http://www.ncn-se.co.jp/)は、2012年5月より、業界で初めてSボルト(ラグスクリューボルト)の全棟採用をはじめとする、
SE構法の全面リニューアルを行うことをお知らせいたします。

NCNは、阪神淡路大震災を教訓に「大地震が起きても壊れない木造住宅を」の思いから、1996年に設立いたしました。以来、SE構法の販売実績は、2011年に累計棟数10,000棟を突破し、2012年3月現在で、累計棟数11,966棟の実績となっております。
そして、阪神淡路大震災以後、2004年「新潟県中越沖地震(M6.8)」、2011年「東日本大震災(M9.0)」と大震災を経験しましたが、SE構法は地震による倒壊は0。東日本大震災においては、被害を受けたエリアの1227棟でも倒壊0を記録。「大地震が起きても壊れない木造住宅」を現実に供給してまいりました。さらに、平成22年5月26日公布されました「公共建築物等における木材の利用の促進に関する法律」(以下、公共建築物の木材利用促進法という)や、国産材の利用推進においても国内全体の課題であります、大地震にも耐える木造住宅のさらなる技術開発とともに、公共建築物への対応、国産材への対応も木材建築物に対する市場ニーズは高まっており、2012年は、こうしたニーズが活発化してくることが予想されます。

SE構法では、2009年より長期的安全性の担保に向けた技術開発を行い、さらに「国産材への対応」、「大規模建築物への対応」を、視野に入れて技術開発を検討してまいりました。
今回の技術開発コンセプトは、
1.大地震等の大きな力に対しても家の安全性を担保する(終局耐力に対する技術開発)
2.木材の経年変化による収縮への対応(長期的安全性の確保)
3.1度限りではない地震に対する強度の確保(繰り返し地震への対応)
4.国産材を使用するための技術開発(国産材の積極的利用)
5.構造性能を確保しながらのコストダウン(コストダウン)
の5つを検討してまいりました。
 こうしたコンセプトのもと、今回のSE構法のリニューアルの主なポイントは3つになります。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング