「MAO ASADA 応援プロジェクト」浅田真央選手に応援メッセージ専用タブレットを贈呈

PR TIMES / 2013年2月1日 16時36分



住友生命保険相互会社(代表取締役社長:佐藤義雄、本社:大阪府大阪市)は、
ブランドパートナーである浅田真央選手を応援する「MAO ASADA応援プロジェ
クト」を展開しております。
その第一弾として、現在、全国の皆さまからの浅田選手への応援メッセージを、
当社営業職員やwebサイトを通じて募集しておりますが、この度、寄せられた
応援メッセージを、浅田選手に直接お届けするための専用タブレットを贈呈い
たしました。今後、このタブレットを通じて、応援メッセージをご本人にご覧
いただくことができるようになりました。

[タブレットの贈呈時のエピソード]

専用タブレットは、フィギュアスケート会場にて、社長の佐藤義雄より浅田選
手へ直接贈呈いたしました。
会場の控室でにこやかな“MAOスマイル”で迎えて下さった浅田真央選手。
プレゼントボックスに入った端末をお渡ししたところ、浅田選手は、「わあ、
かわいい」と言いながら手に取って、早速メッセージを読み始めて下さいまし
た。
社長の佐藤からは、別のパソコン画面で「MAO ASADA応援サイト」を見せな
がら、「全国のファンの皆さんはこちらの特設サイトをご覧になっています」
とお伝えしたところ、浅田選手からは、「このサイトは見たことがあります。」
といった嬉しい反応がありました。
最後に「これ本当に頂いていいんですか?」と、とても礼儀正しい浅田真央選
手。スタッフ一同、声を揃えて「ぜひ使って下さい!」とお答えしました。
気さくで、優しい浅田真央選手に、スタッフ全員があらためて大ファンになり
ました。

[浅田真央選手からのメッセージ]
皆さんこんにちは。浅田真央です。たくさんの応援メッセージありがとうござ
います!この応援サイトはパソコンでも観ていましたが、今日プレゼントして
頂いた専用タブレットでは、応援メッセージを一度にたくさん読めてとても見
やすいですね。素敵なメッセージばかりで、とても励みになります。
持ち運びも楽なので試合にも持って行きたいと思います。皆さんの応援に元気
と勇気を頂いて自分らしいスケートができるように頑張ります。これからも応
援をよろしくお願いします。

[佐藤義雄のコメント]
今回はファンの皆さまを代表して、専用端末をお渡しするという大役を務めま
した。「全国のファンからの『熱い』応援メッセージをぜひご覧下さい。」と
お伝えしたところ、浅田選手からは、いつもの優しい笑顔とともに、「ありが
とうございます。ぜひ読ませて頂きます。」という答えを頂き、私もほっとし
ました。
住友生命は全国の皆さまと一緒に、これからももっと「熱く」浅田選手を応援
してまいります。

[浅田真央選手応援 新CMについて]
本プロジェクトでは、応援メッセージを活かした浅田真央選手応援CMを新た
に制作予定です。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング