STN(R) 新プラットフォームVersion 1リリース ~特許検索の将来への基盤~

PR TIMES / 2012年12月18日 12時19分

新たに設計されたSTNのVersion 1は初心者・熟達者を問わず専門サーチャーに、プロジェクト指向のワークフロー、改善されたユーザビリティ、そしてシステム制限の無い検索環境を提供します

化学情報協会は、米 CAS (Chemical Abstracts Service) および独 FIZ Karlsruhe が発表したプレスリリースを受けて、国内向けに次のとおり、お知らせいたします。米 CAS の発表情報は下記をご覧ください。
http://www.cas.org/news/product-news/version-one-new-stn



(オハイオ州コロンバスおよびドイツ・カールスルーエ発、2012年12月13日)-STNを運営するChemical Abstracts Service (CAS) とFIZ Karlsruheは、STN 新プラットフォームVersion 1のベータ版を定額契約ユーザーに公開する運びとなりました。特許専門家の信頼を得ているSTNにとって、これは数年にわたる次世代STN開発計画の最初の重要な一歩です。

このVersion 1の主要目標は新STNの中核となる検索システムの開発にありました。今回のリリースではCAS REGISTRY、Chemical Abstractsの全データおよびトムソン・ロイター社のDerwent World Patents Index(R) のコンテンツと、下記のような分野の予備検索のための強力な新検索機能が組み合わされています。

●化学および工学技術一般の研究
●知的財産(基本的な新規性、先行技術など)
●デューディリジェンス
●侵害防止調査(FTO)

STNにとっての新しいアプローチは、検索式や検索結果の管理を容易にするため、作業をプロジェクト単位にまとめることでした。広範かつ複雑な検索を高速に処理するため、業界随一の性能を持つ新技術が開発されました。これは絶えず増大する世界の研究および特許情報に特許検索担当者が対応するためには極めて重要な要件です。

新しいワークフローではコマンドライン検索の性能とユーザーの直観による対話方式が結び付けられており、情報検索担当者は能力を最大限に発揮しつつ瞬時に結果を得ることができます。今回初めてテキスト検索と構造検索を1つの検索式に含められるようになり、化学情報の検索が一層容易になりました。

新しいプラットフォームには、コンテンツと機能が今後更に追加される予定です。その第一弾として2013年中には特許全文データベースが追加されます。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング