PHP地域経営塾が「マニフェスト講座」と「首長講座」を開講~自治体首長の地域経営手腕を総合的に磨くプログラムを提供

PR TIMES / 2012年5月31日 13時50分



株式会社PHP研究所(本社:京都市南区)の政策シンクタンクPHP総研( http://research.php.co.jp/ )では、これまで研究提言してきた地域主権関連の政策を、現場で実践する方々を支援することを目的に、PHP地域経営塾を立ち上げました。2012年度は、自治体首長向けのプログラムとして、首長を目指す方のための「マニフェスト講座」と現役首長のための「首長講座」を開講します。

今日、地方自治体を取り巻く環境は厳しさを増しており、従来の国依存体質からの脱却が求められています。その際、地域の経営者としての自治体首長の役割は極めて大きく、これからは首長の能力いかんで地域の盛衰が左右されかねません。そこで、PHP地域経営塾では松下幸之助の経営思想を源流に、地域主権時代に求められる自治体首長の経営手腕を総合的に磨く、これまでにないプログラムを提供することとしました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「マニフェスト講座」は、首長になろうとする方のための講座です。今や首長選挙では、マニフェストに政策を示すことが当然のことになりました。しかし、掲げたビジョンを実現するためには、具体化の戦略を周到に描いておく必要があります。受講者が実際にマニフェスト案を作成する中から、そのツボについて学びます。

 ★「マニフェスト講座」全4回
  第1回 7/23(月)地域経営の起点としてのマニフェスト
  第2回 7/24(火)地域を経営するビジョンと戦略の描き方
  第3回 8/29(水)いかにマニフェストを実現するか
  第4回 8/30(木)マニフェスト案・最終報告会

http://research.php.co.jp/local_governance/manifesto2012.php

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「首長講座」は首長になっていかに良い仕事をするかについての講座です。首長経験者や現役首長講師の実践と受講者自身の取り組みを比較検討し、専門家からガバナンスに関する最新の知見を学ぶなどして、地域の経営者としての能力と感性を磨きます。

 ★「首長講座」全4回 
  第1回 8/6 (月)地域の経営者としての首長の役割
  第2回 8/7 (火)地域ガバナンスの確立に向けて
  第3回 8/16(木)自治体に経営サイクルをいかに持ち込むか
  第4回 8/17(金)「入るを図り」「出るを制す」ために

  http://research.php.co.jp/local_governance/leadership.php

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【PHP総研とは】
「政策シンクタンク PHP総研」は、松下幸之助が設立したPHP研究所のシンクタンクです。民間独立という自由な立場から、政治・行政、財政・経済、外交・安全保障、地域経営、教育など幅広い分野に渡り、研究・提言を行っています。
これまでに「地域主権型道州制」「日本の大戦略(グランド・ストラテジー)」「東日本大震災からの復興に向けた提言」、「自治体公共施設の有効活用」「学校運営改善モデル」など、多くの研究・提言を発表してきました。

※PHP地域経営塾では、下記の講座も開講中です。

 ★「公共施設有効活用講座」全4回

 ★「地域経済活性化講座」全4回

 http://research.php.co.jp/local_governance/


【お問合せ】
株式会社PHP研究所
PHP地域経営塾担当 local_governance@php.co.jp

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング