1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

「ポケムヒS」の池田模範堂が10代~40代女性の『虫刺され』について実態を調査!

PR TIMES / 2012年7月20日 9時16分



なんと、8割以上が「蚊などの虫に刺されやすい」と回答
夏の女性の三種の神器 !? 「日よけ・制汗・虫刺され薬」

刺されたら「イヤッ!」な場所 第1位は「まぶた」(79.3%)
続いて、第2位「頬」(73.6%)、第3・4位「手の指」「足の指」(同率 69.0%)

刺されてしまったら「爪でバッテン」(第3位:31.6%)も、あながち迷信ではない !?

第1位「虫刺され薬を塗る」(79.1%)、第2位「手で掻いてしまう」(57.9%)
------------------------------------------------------------------
 株式会社 池田模範堂(本社:富山県中新川郡、代表取締役社長 池田 嘉津弘 以下、池田
模範堂)は、5月1日よりスタートしている「ポケムヒ ハローキティ キラキラケース」が当
たるプレゼントキャンペーンに伴い、これからいよいよ迎える夏本番に向け、『夏の女性の虫
刺され』について実態調査を行いました。
 
 本調査では、10代(高校生以上)~40代の女性562名を対象に「蚊などの虫に刺されやす
いですか」という質問を行ったところ、「刺されやすい(『かなり・やや刺されやすい』を含
む)」と回答された割合が、85.1%にものぼる結果が得られました。
 さらに、上記の「刺されやすい」と答えた回答者478名(10代(高校生以上):119名、
20代:119名、30代:121名、40代:119名)を対象に、 『虫に刺されたら嫌な箇所は?』
などの質問をはじめ、虫刺されから受けた肌ダメージに関してなど、サマーシーズンに抱える
悩みの一つである『夏の女性の虫刺され』について徹底調査を実施しました。

 その結果、「夏の肌トラブルで困ること」の問いでは、王道であり予想通りの「日焼け」
(76.8%)が第1に。ところが、美肌の大敵「シミ」(第3位:34.7%)を20ポイント以上
離し、第2位には「虫刺され」(54.2%)が食い込むなど、思いのほか「虫刺され=肌ダメー
ジへの影響」を意識している女性の姿が浮き彫りになりました。
 また「自分はかなり虫に刺されやすい」と意識している女性に、「O型」の血液型の方が多
い傾向や、虫に刺されてしまった際の対処法として「爪でバッテンをつける」など、実証でき
る根拠は無いけれど、巷で都市伝説的に知られているような要素を含むユニークな回答結果も
得られました。
 さらに、 “夏の女性の肌を守る“「池田模範堂 研究所 くすり情報室 係長 永松卓也」
から「虫刺され」に関する豆知識情報と、美肌アドバイザーの岡未来氏にもお話を聞いてみま
した。
 
今年の夏の美肌アイテムには、虫刺され薬も必携です!!

≪ 調査結果 ≫ 10代(高校生以上)~40代、562名に対する調査結果。

■10代(高校生以上)~40代女性の85.1%が「蚊などの虫に刺されやすい」!
Q1.あなたは蚊などの虫に刺されやすいですか? (N=562) ※SA回答

 かなり刺されやすい・・・23.0%
 やや刺されやすい・・・・36.8%
 刺されやすい・・・・・・25.3%
 刺されにくい ・・・・・ 13.5%
 刺されない・・・・・・・ 1.4%

 「刺されやすい(“かなり・やや”を含め)」と感じている女性は85.1%  
 という結果に!
 「自分は刺される」と思っている人が異常に多いことが分かりました。


≪ 調査結果 ≫ 「蚊など虫に刺されやすい」と回答された、
         10代(高校生以上):119名、20代:119名、30代:121名、
         40代:119名(計478名)に対する調査結果。

■ 「O型」が虫に刺されやすいのは迷信じゃなかった!?
Q2. 「あなたは何型ですか?」また「蚊など虫に刺されやすいですか?(N=478) 
  ※MA回答
 
 「“かなり”刺されやすい」と感じているのは「O型」が第1位(32.1%)。次いで第2位
  が「B型」(28.3%)、第3位は「AB型」(27.3%)と続きます。
 (科学的根拠はともかくとして)虫刺されに悩まされている「O型」女性は周りに多いは
  ず!

■同じ顔の部位でも、『まぶた』は目立つから「イヤッ!」
Q3. 虫に刺されたら嫌な箇所を教えてください。(N=478) ※MA回答
 第1位    まぶた・・・・79.3%
 第2位    頬(ほほ)・・73.6%
 第3・4位  手・足の指 ・69.0%(同率)
 第5位    アゴ ・・・・ 67.6%
 
 第1位は、顔の部位でも一番目立ってしまう「まぶた」(79.3%)。特にアイメイクに力を
 入れている女性には大きな痛手になること間違いなし!
 続いて第2位は「頬(ほほ)」(73.6%)。顔は女の命ですから...。
 第3・4位は「手の指」「足の指」(同率 69.0%)となり、“指”のかゆさは『ひと際』
 であることが判明。

■ 思わずやってしまう「爪でバッテン」 。オリジナル対処法では意外にも「塩を塗り込む」
 が定番!
Q4. 虫に刺された後は、どのような対処をしていますか?またオリジナルの対処法も教えて
   ください。(N=478) ※MA回答

 ダントツの第1位は「虫刺され薬を塗る」(79.1%)。速やかにかゆみを抑えられるう
 え、無駄な肌ダメージを防ぐため、美肌を保ちたい女性にとっては当然の処置と言えるでし
 ょう。
 ところが...、続く第2位が「手で掻いてしまう」(57.9%)、そして「爪でバッテンをつ
 ける」が第3位(31.6%)という結果に! 「かゆみ」をとっさに凌ぐには、思わず患部へ
 直接触れてしまう方多いことがわかりました。
 またオリジナル対処法としては、「塩を塗り込む」という対処法がフリーアンサーで多くみ
 られました。

■ 夏のアクティビティと言えば、やっぱり「キャンプ」「花火」「夏祭り」。でも虫刺され
 も付き物です...。
Q5. 虫に刺されやすいシチュエーションとして、思い当たるものをすべてお答えください。
(N=478) ※MA回答

 第1位 キャンプ・・・・・61.7%
 第2位 花火大会・・・・・61.3%
 第3位 夏祭り ・・・・・61.1%
 第4位 公園  ・・・・・59.4%
 第5位 バーベキュー・・・55.2%
 
 夏場の“楽し~い”イベントは、やっぱりアウトドア。 でも行く先々が「虫刺され」エリ
 アと言っても過言ではなさそうです。
 また、40代の4人に1人は「ビアガーデン」で虫に刺されてしまうケースもあるようです。
 お酒の席でも気を緩めずに虫刺されケアが必要かもしれません!

■ 露出の多い夏場には大きな痛手!腫れて赤くなり、跡が残ってしまうことも...。
Q6. 虫刺されで受けた肌ダメージで辛かったことは何ですか?(N=478) ※MA回答
 
 第1位「腫れて赤くなり目立った」(59.4%)と、第2位「跡が残ってしまった」
 (50.8%)が、第3位「かゆみが長引いてしまった」(39.1%)を大きく引き離し、虫刺
 されで受けたツラかった肌ダメージとして挙げられました。
 半袖やキャミソール、さらには水着を着る機会などもあり、露出の多くなるこの季節にはシ
 リアスな悩みに繋がる虫刺され。たかが、、、と思わず、十分なケアが必要なようです。
 また体質によっては、「水ぶくれ」になってしまう方も多いようなので、油断は禁物で
 すね!

■ 四季のなかでも“美肌”を強く意識するのは、日差しの強い夏!
Q7. あなたが美肌を意識する季節を教えてください (N=478) ※MA回答
 
 第1位は第2位を大きく引き離して「夏」(73.6%)。続いて、第2位「春」(35.6%)、
 第3位「冬」 (31.6%)、第4位「秋」(27.4%)と、紫外線・乾燥など四季折々のお肌
 の悩みが反映される結果に。
 さらに、“美肌を強く意識するシチュエーション”(N=388)では、第1位「女子会がある
 時」(38.7%)、 第2位「恋人と会う時」(35.6%)、第3位「クラス会がある時」
 (28.4%)と言う順序となり、女性は自分の肌を、男性に見られる時よりも、同性から見
 られる時により強く意識することが分かりました。

■ 夏の肌トラブルで困ること、日焼けの次には虫刺され!
Q8. 夏の肌トラブルで困ることは何ですか。3つまでお答えください。 (N=478) 
※MA回答

 第1位 日焼け・・・・・・・・76.8%
 第2位 虫刺され・・・・・・・54.2%
 第3位 シミ・・・・・・・・・34.7%
 第4位 ニキビ・吹き出物・・・29.7%
 第5位 あせも・・・・・・・・25.1%
 
 夏の肌トラブルの代名詞とも言える「日焼け」が 堂々の第1位(76.8%)。ところが、同
 じく王道と思われる「シミ」(34.7%)を抑え、「虫刺され」(54.2%)が第2位にラン
 クイン!虫刺されから発展する肌トラブルの怖さを女性は、よ~く知っている、という結果
 が見受けられました。

■ 『日差しを避ける』アイテムが上位を占め、続いて制汗・虫刺され薬が必須アイテムに
Q9. 夏の女性の肌を守るための必需品と言えば何ですか?(N=478) ※MA回答

 第1位「日焼け止め(UVケア)」(81.0%)、第2位「日傘」(46.2%)、第4位「帽
 子」(38.9%)と、『日差しを避けるアイテム』が上位を占め、やはり気になる「制汗グ
 ッズ」(41.6%)が第3位、そして肌を守るという意味ではやはり欠かせない「虫刺され
 薬・虫よけスプレー」(38.5%)が第5位という結果に。「日よけ・制汗・虫刺され薬」
 が、夏の女性の肌を守るマストアイテムと言えるようです。

■ 小学生以下のお子さまを持つ女性は、「虫刺され薬」を携帯したい傾向に
Q10. あなたは「虫刺され薬」を携帯していますか?(N=478) ※SA回答

 「虫刺され薬」の携帯に関しては、「携帯している」(12.3%)、また潜在的に「携帯し
 ていないが、携帯したい」(36.0%)と思っている女性が約半数を占めました。
 さらに、上記に当てはまる方々の傾向として、約6割の方が12歳以下のお子さまを持つお母
 様であることが判明しました。

【『夏の女性の虫刺され』に関する 調査概要】

調査期間:2012年7月6日(金)~7月9日(月)
調査方法:インターネット調査
調査対象者:
 一次調査<全国の10代(高校生以上)~40代の女性(未婚・既婚)>
 二次調査<全国の10代(高校生以上)~40代の女性(未婚・既婚)で「蚊など虫に刺され
 やすい人」>

有効回答数:
 一次調査 計526s
 二次調査 計478s(10代(高校生以上)119s、20代119s、30代121s、40代119s 
 年代に大きな偏りがないように回収)

■ “夏の女性の肌を守る”「池田模範堂 研究所 くすり情報室 係長 永松卓也」から、
  「虫刺され」に関する豆知識情報!

<O型の人が刺されやすいって本当!?根拠はあるの? >
ある大学の研究室でどの血液型が刺されやすいかという調査をされたことがあります。その結
果では、O型が一番よく刺され、A型が一番刺されなかったとのことです。数値的にはO型は
A型の1.7倍も刺されたということで、この調査結果については学会発表までされたそうで
すが、残念ながら定説にはなってないようです。

<お酒を飲むと刺されやすいって本当!? >
蚊は、人の体から発散される炭酸ガスを感知して人に寄って来ます。ということから代謝が
活発な子供の方が大人よりも刺されやすいと言われています。もちろん代謝が活発な大人が居
れば、蚊はそっちの方に寄って行きますが、特にお酒を飲んだ人はアルコールで代謝が活発に
なりますので、酔っ払って夜の公園に寝そべっているとたちまち蚊の餌食になりますからご注
意を!

<蚊は夕方に活発化するって本当!? >
人を刺す蚊として日本で代表的な蚊は、ヒトスジシマカとアカイエカですが、蚊にもバイオリ
ズムがあることが明らかになっており、ヒトスジシマカは夕暮れ時に、アカイエカは日没から
2時間後ぐらいに行動が一番活発化することが知られております。

<蚊に刺されるとなぜ痒くなる!? >
人を刺すのはメスの蚊だけです。メスの蚊は産卵に必要な栄養源として血を吸います。1回の
吸血行動には約3分掛かると言われていますが、その吸血の間が蚊にとっては一番危険な時間
になります。そこで蚊は、麻酔成分を含んだ自分の唾液を血を吸う前に人の体の中にまず注入
し、刺していることを気付かれないようにするのです。この唾液が人の体にとっては異物にな
りますので、それを排除しようとしてアレルギー反応が起こるために痒くなるのです。

<マンションの高層階に蚊はいないって本当!?>
蚊は高いところまでは飛べないので、5~6階以上の高層マンションにはいません。ただし、
エレベーターに乗ってきたり、衣服に付いて部屋に入ることはあるので要注意です。

<美容アドバイザー 岡未来氏からのコメント>
調査結果から、10代~40代の女性の夏の必需品は「日よけ・制汗・虫刺され薬」」という結
果になりましたが、その中でも特に、夏は日常のことすぎてケアせず放っておきがちな「虫刺
され」も立派な肌トラブルなんです。
虫に刺された後の行動を調査結果から見ると「かゆくて掻きむしってしまったり、爪でバッテ
ンしたり....」と、これでは単なる虫刺されが、掻きむしることにより傷になったり、炎症
を起こすと色素細胞が刺激されてシミになったりと、本格的な肌トラブルに変わってしまいます。  
皆さんも思い返せば、夏の虫刺されの跡が冬まで残って消えない...という経験はありません
か? 
その原因は、加齢に伴ってお肌の再生力が弱くなり、本来ならばターンオーバーで跡やシミは
垢として知らない間に剥がれ落ち、自然に元の白肌に戻るのですが、新陳代謝が正常に行われ
ていないと、治りが遅い上に色素沈着が残ってしまうこともあります。  また、掻きむしり
すぎると炎症が強く起こり、1〜2週間もかゆみがぶり返す場合もあります。この場合は特に
力いっぱい掻かないように、虫刺され薬をしっかり塗りこれ以上炎症を進行させないように気
をつけましょう。
せっかく美肌を保つ為に、一生懸命UVして白肌を維持していても、蚊に刺された跡のシミや
傷が目立ってしまうのはとても残念ですよね。そうならないように、私は夏の必需品として、
ポーチに虫刺され薬を常備しています。
予防と早期の対処で、この夏も美肌を維持しましょうね。


★岡未来
美容師免許 、サバビアンコスメティック認定アドバイザー 、NPO日本食育インストラクター
協会認定資格、RTAベビーマッサージ初級認定資格

閑静な住宅地である兵庫県西宮市苦楽園にあるエステサロン「Joli Beaute」代表として、
3姉妹でサロンワークを務める。アレルギー肌である自分自身が、「素肌美人」になることを
コンセプトに、外からも、中からも美を追求しています。サロンとしても読者モデルとしても
雑誌に登場し、20代の女性経営者を目指す方へのアドバイスをウェブで発信するなど多方面
で活躍中。


■ “夏の女性の肌を守る”池田模範堂から、『キラキラデコアイテム』大好きな女性のために
 「ポケムヒ ハローキティ キラキラケース」 プレゼントキャンペーンを実施中!

 いよいよ本格的になって来た夏日に向け、日焼け対策、暑さ対策の他に忘れてはならない
「虫刺され対策」。ふと気づくと赤くぷっくり腫れ、さらには無意識に掻いてしまい跡が残っ
てしまった...、なんて経験は誰にでもあるはず。
 “夏の女性の肌を守る”池田模範堂では、『キラキラデコアイテム』が大好きな女性のため
に、デコラティブなデザインが印象的で女性に人気のアクセサリーブランド「ABISTE」とコ
ラボした「ポケムヒ ハローキティ キラキラケース」が当たる、プレゼントキャンペーンを5
月1日より展開中!「ポケムヒS」がぴたりと収まる、このキラキラケースを持ち歩けば気分
も上々で、友だちの羨望の眼差し間違いなし!

< 「ポケムヒ ハローキティ キラキラケース」 プレゼントキャンペーン概要 >
キャンペーン名: 「ポケムヒ ハローキティ キラキラケース」 プレゼントキャンペーン
期間:      第1回 2012年5月1日(火)~6月30日(土)  ※既に終了  
         第2回 7月1日(日)~8月31日(金)
締切り:     第1回 2012年6月30日(土)  
         第2回 8月31日(金)
当選者数:    各300名 (6デザイン×各100名、合計600名)
         ※デザインのご指定はできません。
応募方法:    PC・・・・・公式サイト「ポケムヒブランド(キャンペーン)サイト」
                から直接応募フォームに記入して申込む。
         携帯・・・・商品パッケージに表示されているQRコードを読み取り、応
               募フォームに記入して申込む。
         公式サイトの「ポケムヒブランド(キャンペーン)サイト」に表示してあ
         るQRコードを読み取り、応募フォームに記入して申込む。 
         ※スマートフォンはPCサイトにリンクします。
当選発表:    当選者の発表は、商品の発送をもってかえさせていただきます。
主催:      株式会社 池田模範堂
キャンペーンサイト:  http://www.pocketmuhi-cpn.jp

□お客様からのお問い合わせ先:
株式会社 池田模範堂/市場開発室 西村(月~金 8:30~17:30)
TEL:03-3994-1467  MAIL:nishimura.y@ikedamohando.co.jp


企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング