0~3歳児の子育て時代は幸福度7.59と、最もハッピー! 主婦・OL2000人に聞いた、自分と社会の“幸福度”調査結果<個人の幸福度編>

PR TIMES / 2012年6月15日 14時49分



サンケイリビング新聞社(所在地:東京都千代田区、代表取締役社長:内堀眞澄)では、2012年2月に主婦とOLを対象に“自分と日本の社会の幸福度”についてのWebアンケートを行い、2006人から回答があった。
「幸福度」を「満たされて、幸せと感じる度合い」と定義して、自分自身の幸福度を聞いた結果、女性たちの「総合的な幸福度」は、10点満点中、6.58点(平均)となった。


■すべての年代で高い「子どもとの関係における幸福度」 

今回、「精神的な」「経済的な」「夫・恋人の関係」など7項目について、幸福度を聞いたところ、すべての年代で「子どもとの関係における幸福度」が1位に。中でも30代は、平均8.06点と特にポイントが高かった。

逆に低かったのは「仕事における幸福度」で、平均5.23点。こちらは40代が最も低く、4.84点と5点台を切った。

60代以上は、「子どもとの関係~」以外の5つの幸福度項目が7点以上。「総合的な幸福度」も7.30点と特に高く、他の年代を大きく引き離した。


■幸福度7.59点 0~3歳のママは特にハッピー!

「総合的な幸福度」を属性別に見てみると、配偶者がいる人、子どもがいる人は、それぞれいない人よりも、幸福度が高い。

また、有職者(平均40.1歳)より、仕事をしていない人(主に専業主婦・平均45.9歳)のほうが、やや幸福度が高いことがわかった。

末子の状況別に見た「総合的な幸福度」では、0~3歳の乳幼児のいる女性が最もポイントが高く、7.59点。「最近幸福を感じたこと」という設問(自由回答)には、子どもが初めて立ったこと、話したこと、笑った顔、寝顔…など成長への喜びにあふれたコメントが多数集まった。

ただし、幸福度が次に高いのは、子どもが手を離れる「高校卒業以上・社会人」になってから(7.20点)。


■女性の幸福に欠かせない・・・まずは健康、そして家族

「自分の幸福のために最も欠かせない」と思うものを、37の選択肢から選んでもらったところ、1位は「自分の健康」、2位は「家族の健康」となった。

次いで「夫」(3位)と「子ども」(4位)。10位には「親」。「家族の健康」や7位「家族と過ごす時間」を含めると、「家族」に関することが10位のうち5項目を占めた。

「健康」以外は、自分のことより家族が優先される傾向で、たとえば「家族と過ごす時間」(7位)は、「生きがい」(8位)や「自分の好きなように使える時間」(9位)よりも上位に入った。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング