ユニセフ 「手洗い調査隊」 小学3~6年生 隊員100名 大募集

PR TIMES / 2012年6月29日 10時35分



2012年6月29日発
■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■

「世界手洗いの日」プロジェクト2012、始動!
「手洗い調査隊」小学3~6年生 隊員100名 大募集

「みんなの手洗い」を調べ、「正しい手洗い」を伝えよう
 募集期間:2012年6月29日~7月26日

■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■

公益財団法人 日本ユニセフ協会は、日本の子どもたちに、正しい手洗いの
大切さを伝え、また、世界の子どもたちが直面する保健や衛生の問題を理解
してもらうことを目的に、2009年より、ボランタリーパートナー企業各社、
電通ソーシャル・デザイン・エンジンのご協力を得て、 「世界手洗いの日」
プロジェクトを実施しています。

4年目となる今年は、「子どもたちによる手洗い調査」を全国で実施。
この調査に隊員として参加してくれる小学3年生から6年生までの子どもたち
100名を募集します。募集期間は、本日(6月29日)から7月26日まで
(応募者多数の場合は抽選)。

「手洗い調査隊隊員」は、日本ユニセフ協会から提供された調査キットを使って、
家族や友だちなど5人分の“手洗いの実態”を調査。その結果と気づいたこと
などを、日本ユニセフ協会に報告。調査結果は、10月15日「世界手洗いの日」に
向け、プレスリリースやウェブサイトを通じて発表する予定です。

感染症などの予防には、せっけんを使った正しい手洗い、すなわち、手の甲、
ひら、指の間、指先、親指のつけね、手首の6箇所を、20~30秒かけて洗う
ことが必要と言われています。しかし、毎年インフルエンザの脅威と予防の
ための手洗いの大切さが訴えられる日本国内でも、こうした手洗いは、あまり
普及していないのが現実です。そうした実態の一端が、今回の子どもたちに
よる調査を通じて明らかになることが期待されます。また、隊員となる子ども
たちには、調査結果を、夏休みの自由研究にも活用してもらえればと考えています。

子どもたちを中心に、「手洗い」を考え、「正しい手洗い」の普及を図る
「世界手洗いの日」プロジェクト。報道機関のみなさまにおかれましては、
本プロジェクトならびに「手洗い調査隊隊員募集」告知にご協力をいただき
ますよう、お願い申し上げます。


■ □ 募集概要と応募方法 □ ■
・募集対象と人数 小学3年生から6年生までの全国で100名
・応募方法
「隊員のお仕事」をおうちの人と確認し、ウェブサイトよりご応募ください。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング