エクイニクス、Asia Toneの買収を完了 アジア太平洋地域におけるデータセンター拠点を拡張

PR TIMES / 2012年7月13日 11時50分

中国でのビジネス展開を目指す多国籍企業の需要をサポート

カリフォルニア州レッドウッド・シティ-2012年7月9日-データセンターサービスをグローバル展開するEquinix, Inc.(Nasdaq: EQIX、以下エクイニクス)は本日、香港に拠点を置くデータセンタープロバイダーであるAsia Toneの買収を完了したと発表しました。買収額は2億3,050万ドルで、取引はすべて現金により行われました。Asia Toneの買収は、ビジネスが急成長しているアジア太平洋地域におけるエクイニクスのポジションを強化するとともに、上海でのプレゼンスを高め、中国でビジネス展開を目指す多国籍企業の需要の拡大に応えるものになります。

今回のAsia Toneの買収により、エクイニクスは香港、上海、シンガポールのアジア3大市場にある5つのデータセンター(建設中も含む)と、1つのディザスタリカバリセンターを取得しました。これらの取得したデータセンターを含め、エクイニクスは、世界38都市に105のIBXデータセンターを所有することになります。現在上海で建設中のデータセンターは3段階で工事が進められ、完成後は床面積約7,400平方メートル(80,000平方フィート)、900キャビネットの提供が可能になります。データセンター建設の第1段階は2012年第3四半期に完了する予定です。世界のコロケーション市場の中でも特に成長が著しい中国は、グローバルなビジネス拡張を目指すエクイニクスのお客様にとって人気の高い市場で、エクイニクスは同市場において高品質のコロケーションサービスの提供を進めていきます。

エクイニクスのプレジデント兼CEOであるSteve Smithは、次のように述べています。「Asia Toneの買収によって、エクイニクスはアジア太平洋市場におけるリーダーシップを確立する強力なポジションにつくことができました。アジア太平洋地域は当社のビジネスが最も成長している市場であり、お客様の需要も高まっています。中国で拠点を拡張し上海における収容能力を増強することで、高成長市場である中国でビジネス展開を目指す多国籍企業の需要に応えるための態勢が整いました」

Asia Toneはアジア太平洋地域を代表する大手データセンターサービスプロバイダーの1社であり、80社以上の企業にサービスを提供しています。そのうち約3分の1はエクイニクスの既存顧客です。エクイニクスはAsia Toneの事業、従業員、顧客ベースを統合し、運用・顧客サービスの向上のためAsia Toneのデータセンターでもエクイニクス基準を満たすようにしていきます。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング