台風ソンティン被災者支援 ジャパン・プラットフォーム出動決定

PR TIMES / 2012年11月14日 19時11分

特定非営利活動法人ジャパン・プラットフォームは、2012年10月28日にベトナムを襲った台風ソンティンの被災者に対し、1,000万円、対応期間3ヶ月の緊急支援を実施することを決定しました。既に加盟1団体セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンが出動を表明し、緊急支援を計画しています。

特定非営利活動法人ジャパン・プラットフォーム(東京都千代田区、/以下、JPF)は、2012年10月28日にベトナムを襲った台風ソンティンの被災者に対し、1,000万円、対応期間3ヶ月の緊急支援を実施することを決定しました。


 
東南アジアを襲った台風ソンティンSon Tinhは、10月28日にベトナムの紅河流域のデルタ地域や北部沿岸部に上陸し、ベトナムで40万人もの被災者を出しました。そして、台風上陸から2週間が経っても、食糧、日用品、水、シェルターの喫緊の支援が必要とされています。また、海岸沿いの家屋では井戸や雨水を貯めるタンクに海水が入り込み、水の支援が求められています。さらに、最も被害が大きかったといわれるタイピン省では、約8割の水田で収穫が困難な状況もあり、食糧支援が必要とされています。
JPFでは、既に加盟1団体セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンが出動を表明し、緊急支援を計画しています。

参考
・ベトナム政府の洪水及び暴風管理中央委員会Central Committee of Floods and Storm Control: CCFSC
・公益社団法人 セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン


■ジャパン・プラットフォームについて 
特定非営利活動法人(認定NPO法人)ジャパン・プラットフォーム(JPF)は、NGO・経済界(経団連、企業など)・政府(外務省など)が連携し、迅速に効率的な国際・国内緊急支援が行えるよう、NGOをサポートする中間支援団体です。2000年設立時より、総額219億円、755事業、支援対象国・地域37(2012年3月現在)を対象に、緊急人道支援を提供してまいりました。また助成対象となる36の参加NGO団体とは、情報共有を行いつつ、共に支援プロジェクトをつくりあげ実施しています。同時に、総額68億円以上のご寄付をいただいた東日本大震災支援では、参加NGO団体のみならず、被災地を支援するNGO/NPOへの支援も行っています。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング