TUNECORE JapanがVOCALOID(TM)メーカー6社(12体)と提携! ボカロPが自分のVOCALOID(TM)曲を世界の配信ストアで販売可能に!

PR TIMES / 2013年12月25日 9時28分

TUNECORE JapanがVOCALOID(TM)メーカー6社と提携!GUMI、がくぽっいど、Lily、CUL、MAYU、IA、蒼姫ラピス、結月ゆかり、猫村いろは、氷山キヨテル、歌愛ユキ、SF-A2 開発コード mikiの計12体が利用可能に!VOCALOID(TM)メーカー各社と、包括的に契約する事により、ボカロPが『誰でも』手軽に自分のVOCALOID(TM)曲をiTunes Store等の世界の配信ストアで楽曲販売が出来るようになりました!



 チューンコアジャパン株式会社(本社新宿区代表取締役社長:野田威一郎URL:http://www.tunecore.co.jp/)は、(2013 年12 月24 日)VOCALOID(TM)メーカー6 社(※1)と業務提携することで、ボカロP のオリジナル楽曲を世界の配信ストアで販売(商用利用)することが可能になりました。


 TUNECORE Japan(以下、本サービス)は自分で作った楽曲を、利用者であれば、誰でも世界中(約111 ヶ国)の配信ストア『iTunes Store』『Amazon MP3』、『music.jp』、『Spotify』、『KKBOX』などで販売できる、米大手音楽ディストリビューションサービス『TUNECORE』の日本版です。

 従来、ボカロP がオリジナル曲を販売(商用利用)するには、各社に利用許諾を取る必要があり、事務所やレーベルに所属していない個人では、信用、契約の手間などの問題で事実上困難な状況でした。今回本サービスがVOCALOID(TM)メーカー各社と、包括的に契約することで、ボカロP はそういった手間が省け、手軽にオリジナル楽曲を販売可能になります。


 本サービスを利用することで、ボカロP は世界中の配信ストアに自らの楽曲を最短2日間で流通出来るだけでなく、VOCALOID(TM)楽曲にVOCALOID(TM) キャラクター名(※2)(リリース時は12 体)が利用でき、またジャケット画像にVOCALOID(TM)キャラクターの2次創作物が利用可能になります。配信ストアで販売されたVOCALOID(TM)楽曲の販売収益を、本サービスがボカロP とVOCALOID(TM)メーカーに分配します。日本の楽曲を世界へ届けることを、ひとつのミッションと考えている本サービスは日本のボカロP(アーティスト)が、国内はもちろんのこと、海外マーケットに楽曲提供が出来るよう、対応致しました。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング