東京の市場を知ろう!学ぼう!「東京イチバ大学」 supported by J-WAVE 「LOVE(ラブ) MARCHE(マルシェ)」 2月23日開催!

PR TIMES / 2013年2月24日 10時6分

アンジャッシュ 渡部建さんや料理人 道場六三郎さんらが市場の魅力をレクチャー!



 東京都中央卸売市場は、市場の認知と理解促進を目的とした新たなプロジェクト 「TOKYO ICHIBA PROJECT」の一環として、本日2月23日(土)、表参道ヒルズB3F スペース オーにて、東京の市場を知ろう!学ぼう!「東京イチバ大学」 supported by J-WAVE 「LOVE MARCHE(ラブ マルシェ)」を開催いたしました。

 今回のイベントは、より多くの都民の方々に「市場と自分の生活との関わり」に気づき、東京都の市場の役割や機能についてさらなる理解を深めていただくことを目的に開催されました。
 会場入り口では、市場の雰囲気をそのままに伝える競り(せり)を写したフォトコーナーで、市場の風景を背景に記念撮影を楽しむ来場者や、また、会場内に設けられた東京の市場を分かりやすく写真で紹介する「11の市場写真展」や、市場の役割や機能、現在整備を進めている豊洲新市場について解説したパネル展示を熱心に観覧する方々が多く見られました。
 ステージエリアでは、アンジャッシュの渡部建さん、料理人の道場六三郎さんなど特別ゲストが登壇し、「歴史」「社会」「家庭科」の3教科に分けて市場の仕組みや歴史、豆知識などについて学べるレクチャーが行われました。また、東京の市場で働く専門家「いちば食育応援隊」が講師となり、水産・青果・花きの3種をテーマとした「育みセミナー」も実施。魚食文化について解説しつつホタテ剥きの実演を行ったり、りんごの栽培の工夫や、菊のお花の見極め方の講演など、来場されたお客様も実際にステージ上に上がり、水産・青果・お花について体感しながら楽しく学んで頂きました。

 来場された方々には、「TOKYO ICHIBA PROJECT」特製のクリアフォルダやメモパッド、食情報誌「dancyu(ダンチュウ)」とコラボレーションした広報誌「TOKYO ICHIBA Times」第2号などを、またレクチャー後には、ステージ上で道場さんご自身が書かれた「市場札」をプレゼント配布し、会場は大勢の来場者で賑わいました。


■トークショー コメント (一部抜粋)
小山 薫堂:
市場のことを考えることで、食材やお花を育てた人の想いや、今まで当たり前だと思っていたことに気付き、より食べ物がおいしく感じられるようになります。また、食に対しても感情移入をすることができるようになります。今回のイベントをきっかけに、当たり前のありがたさを感じとってもらえればと思います。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング