被災地の小学生による演劇「星に昇った少年」発表会を開催

PR TIMES / 2013年3月27日 11時38分

2013年4月6日(土) 13:30~ 名取市文化会館(宮城県名取市)

2年間の心のケア事業最終プログラム 活動修了証授与式も同時開催



国内外で緊急支援・復興支援活動を行う国際協力NGO「公益社団法人 日本国際民間協力会(NICCO)」(本部:京都市中京区、理事長:小野 了代)は、東日本大震災で被災した小学生の心のケアの一環として、子どもたちによる演劇「星に昇った少年」の発表会を、2013年4月6日に名取市文化会館で開催します(共催:NPO法人 地球のステージ)。
NICCOは2011年5月から宮城県名取市にて被災した小学生を対象とした心理社会的ワークショップ「スカイルーム」を実施。心療内科医の桑山紀彦医師や心理カウンセラーなどの専門家の指導の下、震災や津波の記憶を整理し、PTSD (心的外傷後ストレス障害) を予防することを目的として、さまざまな表現プログラムに取り組んできました。
本イベントでは、9名の子どもたちがスカイルームの最終プログラムとなる演劇「星に昇った少年」を披露します。「星に昇った少年」は、子どもたちが震災により行方不明になっている小学生のおばけと出会い、助け合いながら震災と向き合っていく物語です。さらに、2年間の活動の卒業式として、スカイルームに参加する児童全50名に活動修了証書を授与します。

演劇「星に昇った少年」発表会 開催概要

■日時 2013年4月6日(土) 13:30~17:00 (開場13:00)
■場所 名取市文化会館 2F中ホール (宮城県名取市増田字柳田520 / TEL: 022-384-8900)
仙台空港アクセス鉄道「杜せきのした」駅より徒歩8分/JR名取駅より徒歩17分/駐車場あり
■参加者 心理社会的ワークショップ「スカイルーム」参加小学生 約50名とその家族など
■プログラム 13:30~14:30 演劇「星に昇った少年」発表会
(出演児童:木曜「文化会館」チーム 9名)
14:45~15:45 心理社会的ワークショップ「スカイルーム」活動修了証書授与式
(出演児童:スカイルーム参加児童 全50名)
16:00~17:00 みんなでありがとうの会
※「みんなでありがとうの会」はご取材いただけません。予めご了承ください。
■主催 公益社団法人 日本国際民間協力会(NICCO)、NPO法人 地球のステージ


プログラム内容詳細
1)演劇「星に昇った少年」発表会
 心理社会的ワークショップ「スカイルーム」参加児童の中から、木曜日チーム9名が3ヶ月間にわたり取り組んできた演劇を披露。保護者らが観客として、子どもたちの表現活動を温かく見守ります。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング