テンピュール(R)ジャパン Zero-Gシリーズ売上好調 販売台数 第3四半期前年対比 123%超 ー 2013年度1月~9月の販売台数も前年対比 122%超 ー

PR TIMES / 2013年11月27日 15時6分



 米NASAが世界で唯一公式認定するマットレスやピローおよびベッドを販売する、テンピュール・ジャパン(本社:神戸市中央区、代表取締役:キム・モーテンセン )は、 Zero-Gシリーズの2013年度第3四半期(7~9月)の販売台数実績が、前年対比で123%超となったことをお知らせ致します。
 また、2013年度1月~9月期の販売台数も、前年対比で122%超となりました。

 「テンピュール(R) Zero-Gベッドシステム」は、ボタン一つで最適な寝姿勢に角度を変え、テンピュール(R)のマットレスとセットで使用することで、まるで宇宙空間にいるように体の重さを感じさせない極上の寝心地を体感できる、テンピュール(R)の電動リクライニングベッドシリーズです。電動リクライニングベッドに求められている新しく進化した機能を集約し、理想の体圧分散「テンピュール(R) 」x理想の睡眠姿勢「Zero-G ポジション※」で、極上の睡眠が体験できます。
 

 販売台数の増加理由には、勢力的に取り組んできたプロモーション活動により、「テンピュール(R) Zero-Gベッドシステム」が提供する「極上の睡眠=無重力睡眠」がこれまで以上に消費者に浸透したことや、販売店への導入を増やしたことで、消費者が商品に触れる機会が増加したことなどが考えられます。また、シニア層をメインターゲットとし、介護色の強かった電動ベッドが、「テンピュール(R) Zero-Gベッドシステム」の誕生により、より良い眠りに投資する30代~50代の支持を得、新たな市場が生まれたこと、眠りへの関心が高まりつつある時代背景などが要因であるとも考えております。
 なお、今後は消費税増税により、プレミアム製品の需要が高まることが考えられるので、さらなる販売台数増を目指し、販売体制を強化してまいります。


 今後もテンピュール・ジャパンは、より良い最高の睡眠をお届けできるよう努力してまいります。

    

※「Zero-G ポジション」とはボタン1つで、体に圧力がかからず無重力のような状態を実現する「Zero-Gravity(ゼロ グラビティ=無重力)」ポジションのことです。


 【極上の睡眠“無重力睡眠”を体験できる、Zero-Gシリーズ】        


■無重力睡眠とは
より良い眠りを追求して、テンピュール(R)はピローやマットレスだけでなく睡眠姿勢にまで注目。リモコンのボタンひとつで、体に圧力がかからない無重力の状態で寝ているようなストレスフリーの睡眠姿勢、Zero-G(ゼログラビティ)ポジションを可能にしました。これにより、宇宙飛行士が宇宙で眠る時に自然となる姿勢での、理想の“無重力睡眠”が生み出されたのです。


テンピュール(R)銀座ショールームで体験が可能です。


場 所     : 東京都中央区銀座2-11-8  デュープレックス銀座タワー2/11
ア ク セ ス  : 銀座線 銀座駅 徒歩5分
         有楽町線 銀座1丁目駅・浅草線 東銀座駅 徒歩2分
お問い合わせ : 03-6226-5868
営 業 時 間  : 11:00~20:00
定 休 日    : 無休

 ※銀座ショールームでは、商品販売も致しております。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング