【女性チャンネル♪LaLa TV】韓国バラエティ「ルームメイト」2014年10月<日本独占初放送>決定!!

PR TIMES / 2014年8月19日 12時7分

注目の韓国スターたちが、一つ屋根の下で共同生活を送る、リアルバラエティ!10/10(金)20:00スタート!

韓国有名芸能人のシェアハウス生活に密着したリアルバラエティを女性チャンネル♪LaLa TVが【日本独占初放送】!
EXOのチャンヨルをはじめ、韓国のトップアイドルや人気俳優が勢揃いし、夢のような共同生活がスタート!
人気番組「強心臓」プロデューサーが手掛ける、韓国で話題沸騰のリアルバラエティ!!



この度、CS放送女性向けエンターテインメントチャンネル「女性チャンネル♪LaLa TV(ララ・ティービー)」(ジュピターエンタテインメント株式会社、東京都千代田区丸の内、代表取締役社長:宮田昌紀)では、韓国SBSのバラエティ番組「ルームメイト」を【日本独占初放送(10/10(金)スタート、毎週(金)20:00~ほか)】いたします。
******
本作は、近年韓国の若者の間で流行している “シェアハウス”モチーフに、韓国で人気の高い歌手、俳優やアスリートらが一つ屋根の下で共同生活を送るバラエティ番組。韓国SBSで、今年5/4(日)からスタートし、現在も好評放送中の新番組を字幕付きで、早くも10月から<日本独占初放送>で女性チャンネル♪LaLa TVにてお楽しみいただけます。

韓国人気バラエティ番組「強心臓」のプロデューサーが手掛け、製作決定と同時にキャスティングにも注目が集まり、瞬く間に国内外でも話題となりました。日本でも高い人気を誇るK-POPグループEXOのチャンヨルや2NE1のBOMをはじめ、俳優のイ・ドンウク、女優のホン・スヒョンら若手スター、美人ファイターやスーパーモデル、人気芸人など、韓国芸能界で活躍する美男美女、11人が発表されました。彼らが共同生活を送る、ソウル城北区の家の中には、合計60台のカメラが設けられ、普段は見ることができないリラックスした素顔の韓国スターの日常を24時間“観察”できる番組となっております。さらに、11人のスターには個室が与えられず、<入居者の生活規則>に則り、日常を共有し、心を分かち合い、理解し合うー―年代や職業、ライフスタイルに価値観の異なる11人のスターの間で、育まれる友情、そして恋模様にも注目です。

また、放送開始後も、ワールドカップを一緒に応援する姿や、メンバーが互いにコンサート会場や撮影現場を訪れる様子が報道されるなど、番組以外でリアルな友情を育む姿も注目されています。なお、7月には入居開始の100日記念企画として日本と台湾にわかれて旅を楽しむ企画なども行われ、今後の新たな行方にも期待が高まっています。

【出演者】


<女性メンバー>
左から、ボム[2NE1](歌手)、イ・ソラ(スーパーモデル)、ソン・ガヨン(格闘家)、ホン・スヒョン(女優)、ナナ[AFTERSCHOOL](歌手)


<男性メンバー>
左から、パク・ミヌ(俳優)、シン・ソンウ(俳優・歌手)、イ・ドンウク(俳優)、チャンヨル[EXO](歌手)、ソ・ガンジュン[5urprise](俳優)、チョ・セホ(お笑い芸人)


※2014年8/19現在、韓国SBSにて放送中


<「ルームメイト」入居者の生活規則>
1) 全体行事には必ず参加する
2) 趣味や特技を共有する
3) 家財を大切に扱う
4) 破損時には弁償する
5) 家内恋愛を奨励する、カップル成立時は、海外旅行券を贈呈!


【ストーリー】
韓国有名芸能人のシェアハウス生活に密着したリアルバラエティを女性チャンネル♪LaLa TVが【日本独占初放送】でお届け!EXOのチャンヨルをはじめ、韓国のトップアイドルや人気俳優が勢揃いし、夢のような共同生活がスタート!人気番組「強心臓」プロデューサーが手掛ける、韓国で話題沸騰のリアルバラエティ!!

【放送情報】
「ルームメイト」10/10(金)スタート、毎週(金)20:00~ほか

<関連作>
■「新SBSバラエティ「ルームメイト」放送直前SP」 9/20(土)18:15~18:30 ほか
10月放送スタートとなる「ルームメイト」の魅力を徹底解剖!
■映画『最強ロマンス』10/17(金)23:00~25:00 ほか
「ルームメイト」に出演中のイ・ドンウク主演、“最悪”の出会いから始まる“最強”のロマンチックコメディー!
■「SBS人気歌謡」毎週(水)21:30~ ほか
 韓国SBSで放送されている人気音楽番組の最新エピソードを、女性チャンネル♪LaLa TVが日本独占放送!
「ルームメイト」のメンバーであるチャンヨル【EXO】、ナナ【AFTERSCHOOL】、ボム【2NE1】らも出演!

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング