あわえ、過疎地を拠点に地域活性プロデュース事業を開始

PR TIMES / 2014年1月30日 18時2分

徳島県美波町を拠点に地域活性モデルを構築しながら全国展開

地域活性に係る各種プロデュース事業を展開することを目的に2013年6月に徳島県の過疎地域・美波町に設立した株式会社あわえは、準備期間を経て2014年から本格始動いたします。



地域活性に係る各種プロデュース事業を展開することを目的に2013年6月に徳島県の過疎地域・美波町に設立した株式会社あわえ(本社:徳島県海部郡美波町、代表:吉田基晴、以下あわえ)は、準備期間を経て2014年から本格始動いたします。

美波町は海・山・川に囲まれた自然豊かな地域であり、また四国八十八箇所霊場第23番札所・薬王寺が鎮座するなど、農業・漁業・観光産業などが主要産業の地域です。しかし近年若年層の人口流出や高齢化などを要因に、地域の産業・経済は年々縮小し、それに伴い人の往来も減少するなど町の活気は以前と比べて失われつつあります。
(美波町の概況は後述参照)

そこであわえでは「コト(文化・伝統・風習・暮らしなど)」「ヒト(地域住民・移住者・交流人口など)」「カネ(地域産業・地域経済など)」を地域資源として捉えて、これら地域資源を磨く各種事業・サービスを通じて地域活性を図るべく2013年6月に設立。その後準備期間を経て、2014年から本格始動いたします。

あわえでは、まずは徳島県美波町にて地域活性プロデュース事業を展開しながら、課題先進地域である限界集落・過疎地域における地域活性モデルを構築するとともに、同様の課題を抱える全国各地への横展開を図る計画です。

また将来的には、世界に先駆けて人口減少や少子化・高齢化などさまざまな課題に直面している日本の地域活性モデル事例として発信することにより、今後課題に直面する世界各国の課題解決の一助ともなるべく、積極的に事業展開を進めてまいります。

現在予定している主な事業・サービス

■デジタルアーカイブサービス(文化資産保護・継承 / 地域コミュニティ保護・振興)
経年劣化や廃棄、災害等によって失われていく文化的・歴史的価値の高い資産(主に写真)をデジタル化して保存・管理・利活用するフォトストックサービス「History Photostock GOEN(ヒストリーフォトストックゴエン)」を今春から開始いたします。

GOENは、写真の保存・管理はもちろんのこと、写真所有者へのインタビューや独自調査などを通じてその写真にまつわるさまざまな情報を付加させながら資産価値を向上させることにより、地域サービスや観光資源として有効活用するなど資産の活用範囲の拡大および活用頻度の向上を図るためのサービスとして提供いたします。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング