柏レイソルがipocaのO2Oアプリサービス 「NEARLY(ニアリ)」を8月30日(土)より開始

PR TIMES / 2014年8月27日 15時30分

~8月30日(土)「柏レイソル・ニアリ」いよいよ登場~ 

株式会社ipoca(本社:東京都中央区銀座、代表取締役社長:一之瀬卓、以下ipoca)は、株式会社日立柏レイソル(本社:千葉県柏市、代表取締役社長:萩原靖、以下柏レイソル)と提携し、本年8月30日より、ipocaのO2Oアプリサービス「NEARLY」(以下ニアリ)を、柏レイソルで導入開始することが決まりましたので、お知らせいたします。




柏レイソルはニアリの導入によって、朝と夕方に届くPUSH通知や記事による情報配信により、ファンとの頻繁なコミュニケーションが可能になるとともに、
球場に設置する専用の端末にチェックインするとニアリ上の仮想通貨ニアリコインが獲得できるスクラッチゲームにチャレンジでき、来場促進効果が期待されます。
今後についてはipocaの強みである商業施設や店舗との連携を行うことで柏、松戸地区の地域経済の活性化にも貢献したいと考えております。

また、本サービスの提供開始を記念して、8月30日よりニアリをダウンロードしていただいたお客さまには、選手のサイン入りグッズなどの豪華景品が当たる「レイソル×ニアリダウンロードキャンペーン」を実施する予定です。

【ニアリについて】
地域の消費者が身近な施設や店舗のセール情報やお得な情報などを、画像で簡単に探して楽しむことができるアプリサービス
本年5月から新潟地域でスタートし、現在日本中の商業施設やチェーン店、個店などで注目を浴びております。
この度、柏レイソルはJリーグとして初めてこの仕組みを導入し、柏エリアの消費者とニアリを介して繋がり、サッカーの楽しさやチームの活動を伝え、地域活性化を目指します。
【レイソルについて】
『日立柏レイソル』(千葉県柏市日立台1-2-50(https://www.reysol.co.jp/main.php))1940年日立本社サッカー部として創部。86年に東京都小平市から柏市に活動の拠点移し、92年柏レイソルの管理運営主体となる日立スポーツを設立。 JFLでの戦いを経て、95年正会員としてJリーグに加入。「地域全体から親しまれるクラブ」となることを願い、98年柏市を中心とする東葛エリア6市2 町(当時)に活動を拡大。現在は8市(印西市・我孫子市柏市・鎌ヶ谷市・白井市・流山市・野田市・松戸市)をホームタウンエリアとする。00年には(株) 日立柏レイソルへと社名変更。まちづくりやホームタウンの活性化にも力を入れており、今回Jリーグのクラブチームとしては初めて、ipocaの020アプリサービスを導入することになった。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング