開催まで残り1か月、遂に全貌が明らかに! 六本木アートナイト2014 プログラム内容、参加アーティスト、参加型コンテンツなどの詳細が決定

PR TIMES / 2014年3月19日 16時9分

2014(平成26)年4月19日(土)10:00~20日(日)18:00

 2014年4月19日(土)~20日(日)に開催が決定している一夜限りのアートの祭典「六本木アートナイト2014」。六本木アートナイト実行委員会は、この度、アーティスティックディレクター日比野克彦氏と共に、今回のテーマ「動け、カラダ!」に基づいた各種プログラムの全貌を遂に決定いたしました。



 今回で5回目※1を迎える「六本木アートナイト」は、生活の中でアートを楽しむという新しいライフスタイルの提案と、大都市東京における街づくりの先駆的なモデル創出を目的に2009年より開催している一夜限りのアートの饗宴です。昨年は延べ83万人※2が来場するなど参加者も年々増加しています。
 アートを創造するためには目であり、耳であり、手であり、足であり、頭であり、心であり、人間の様々な感覚器官や部位を関わらせる必要があります。今回のテーマ「動け、カラダ!」は、かねてから日比野氏最大の関心事のひとつである「アートの持つ身体性」という側面に目を向けたものです。

 今年は、イベント当日だけではなく、当日を迎えるまでの制作過程にも地元をはじめとする皆さんに参加いただき、開催までの期間も一緒に盛り上げていくことにも力を入れています。古着を使った作品《カラダひとつプロジェクト》では、作品制作に参加できる事前のワークショップ《カラダひとつ工房》を3月15、16日に実施し、多くの方々にご参加いただきました。ダンスパフォーマンスを取り入れながら六本木の街で展開する六本木パレード《ふわりたい ながれたい つなぎたい》では、事前公募により選ばれた一般参加者が練習を積み重ね、アートナイト当日にパフォーマンスをお披露目します。他にも、ワールドカップ開幕を直前に控え盛り上がるサッカーとアートを組み合わせた《マッチフラッグプロジェクト》や《ヒビノカップ in 六本木》、また、様々なアーティストや各界気鋭のプロフェッショナルが意見を交換する場《六本木夜楽会(ろくほんもくよらくえ)》など、昨年好評を博した参加型プログラムの実施も決定しました。
 参加アーティストも続々と決定。若手からベテランまで日本人アーティストだけでなく、海外から招へいしたアーティストも交え、幅広いジャンルのアートを街中のストリート、公園などに点在させ、街を彩ります。

 アートナイト当日は、各美術館やギャラリーで開催されている展覧会の特別プログラムや開館時間延長、入場料割引、さらに各店舗での様々なサービスなど、工夫が凝らされた夜通し楽しめるプログラムが満載です。六本木の街中がオールナイトでアートに彩られる祭典に、ぜひご期待ください。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング