MasterCard、モバイル決済におけるテクノロジー・プロバイダーであるC-SAMを買収

PR TIMES / 2014年2月25日 19時30分

消費者のモバイル端末を通じてのショッピング体験を向上

MasterCard(本社:ニューヨーク州パーチェス、以下MasterCard)は、スペインのバルセロナで開催中のモバイル・ワールド・コングレスにおいて、モバイル・ウォレットとオンデバイスのソフトウェアおよびサービスの大手プロバイダーであるC-SAM, Inc.(以下「C-SAM」)を買収することで同社と合意に達したことを発表しました。C-SAMの買収を通じてMasterCardは、自社のMasterPass(TM)デジタル・サービスを含め、世界全体でのモバイル・ウォレットとペイメント・ソリューションの開発と展開をさらに加速します。今回の発表は、2012年12月に両社が締結したグローバルな戦略提携とMasterCardによるC-SAMへの少数株式所有をさらに発展させたものです。

C-SAMはインド、日本(DNPとの協業)、メキシコ、シンガポール(Starhubとの協業)、米国(ISISとの協業)、およびベトナムで多数の商用モバイル・ペイメント・サービスを支えています。C-SAMのプラットフォームは、顧客企業ごとのオファー、会員特典、バンキング、料金支払いオプション、および安全な非金融取引もサポートします。モバイル・プラットフォーム開発に関して定評があるC-SAMのノウハウが加わることにより、MasterCardと金融機関との協業がさらに強化され、新しく、革新的で、安全なソリューションが市場に提供されます。C-SAMのオンデバイス・アプリケーションとバックエンド・インフラストラクチャは、NFC、QRコード/バーコード、およびリモート・チェックアウトを含め、消費者がさまざまな通信技術を使って実店舗とオンラインでMasterPassを利用できるように開発を進化させます。

MasterCardのチーフ・エマージング・ペイメント・オフィサーのエド・マクローリン(Ed McLaughlin)は次のように述べています。「今日の消費者は、デジタル化の進んだライフスタイルにおいて、新しいプロダクトや端末を幅広く駆使し、新たな方法で買い物を楽しんでいます。C-SAMのモバイルにおける先進性を取り入れることによって、より便利で迅速なモバイルあるいは仮想環境のソリューションを提供することが可能になり、消費者に利便性とより広い選択肢を提供します。同時に、情報通信企業や、政府、加盟店との協業においても付加価値を提供することができると考えています。」

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング