世界が注目する“穀物繊維”の知られざるパワー 日本食物繊維学会第19回学術集会 公開特別シンポジウムレポート

PR TIMES / 2014年12月2日 15時25分

一般社団法人日本食物繊維学会(理事長:奥 恒行)は、11月29日(土)に大妻女子大学 千代田キャンパス(東京都千代田区三番町12)にて、「日本食物繊維学会第19回 学術集会(学術集会長 青江誠一郎)」公開特別シンポジウムを開催致しました。




日本では2015年の春に「食品の新たな機能性表示制度」の導入を控えており、それに伴い様々な食品の栄養素に注目が集まってきています。その中でも特に、食物繊維の一つである大麦由来の「β-グルカン」という成分には期待が高まっており、研究や調査が盛んに行われています 。そこで今年で19回目の開催となる「日本食物繊維学会 学術集会」では、公開特別シンポジウムに於いて、医師・研究者・管理栄養士の皆様はもちろんのこと、行政・メディアご関係者の皆様へ食物繊維の重要性を広くご理解いただくために、穀物の食物繊維を中心とした世界での取り組みや最前線の研究成果を紹介しました。

特別講演ではアメリカの品質表示の第一人者であるカリフォルニア大学デイビス校名誉教授でFDA(食品医薬品局)の栄養・機能性表示・サプリメント部の部長を歴任したバーバラ・シュニーマンさんに登壇いただき、アメリカにおける食物繊維の健康強調表示に関する規制制度や、栄養表記の現状について講演いただきました。その他、円谷陽一さん、青江誠一郎さん、インゲル・ビヨルクさんという各研究分野を代表する先生方にお越しいただき、食物繊維に関する最先端のお話を伺うことが出来ました。

《実施概要》
【日時】
2014年11月29日(土) 14:30~17:30
【会場】
大妻女子大学 千代田キャンパス (東京都千代田区三番町12 )
【プログラム】
座長 :青江誠一郎(大妻女子大学 家政学部教授)
森田達也(静岡大学 農学部教授)

■特別講演:食物繊維~現行政策と今後の展望~
バーバラ・シュニーマン(カリフォルニア大学デイビス校 名誉教授)

■シンポジウム1.:穀類の機能性 ~ 多糖類の種類と構造について~
円谷陽一(埼玉大学 理工 学研究科教授)

■シンポジウム2.:穀物繊維の機能性研究に関する最新情報
青江誠一郎(大妻女子大学 家政学部教授)

■シンポジウム3.:穀物繊維のセカンドミール効果
インゲル・ビヨルク(スウェーデンルンド大学 機能食品科学センター センター長)

■総合討論:質疑応答

バーバラ・シュニーマンさんによる特別講演「食物繊維:現状の政策と今後の展望」
本講演では、機能性表示の先進国であるアメリカの食物繊維に関する健康強調表示や、栄養表示の現行政策と今後の展望についてお話いただきました。
テーマは大きく3つに絞られ、「アメリカでの栄養表示における食物繊維の現状」、「栄養表示についての新たな提案」、「科学的な正当性、エビデンスの評価について」です。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング