「服部栄養専門学校」とコラボレーション

PR TIMES / 2014年11月17日 17時56分

プロフェッショナルに選ばれた、一流のスポンジたわし



株式会社亀の子束子西尾商店(本社:東京都北区滝野川6-14-8 代表取締役社長:西尾智浩)は、
服部幸應氏がプロデュースし数々の一流料理人を輩出している
「服部栄養専門学校」への物品サポートを開始致します。

製品の品質に高い信頼を頂き、校内で使用される洗浄道具が全て「亀の子束子製品」となります。
今回の物品サポートは「道具を磨くことは、味を磨くこと。」「私たちの製品は、
一流の技をサポートする一流の道具でありたい。」そんな亀の子束子の思いを実現するものです。
これからはプロフェッショナルを育てる料理の現場から、
さらなるフィードバックを活かし、新製品開発やたわしの啓蒙活動に取り組みます。

亀の子束子がその洗浄力のノウハウを結集して作り上げた「スポンジたわし極〆」
包丁やまな板を洗い上げる「たわし」とともに、食器や傷付きやすい調理道具を洗い上げる自信作です。
服部栄養専門学校でも使いやすいと好評の「スポンジたわし極〆」シリーズは2014年12月初頭出荷分より
「服部栄養専門学校 公認」のステッカーを貼付けた商品の出荷が始まります。

服部栄養専門学校とは?
服部栄養専門学校は、服部幸應(はっとりゆきお)氏が校長をつとめる栄養学・調理の専修学校。
一流の講師陣と一流の厨房設備によって調理師、栄養士、パティシエなど、
さまざまな食のプロフェッショナルを輩出しています。

亀の子束子とは?
亀の子束子は1907年(明治40年)創業した「たわしの元祖」です。
2015年は特許取得100周年を迎え、日本の三大発明と評される「たわし」を拡販すべく
新しいたわしの開発や啓蒙活動に力を注いでいきます。
___________________________________________________________________________________________________________
[商品概要]
■スポンジたわし極〆(木の葉型)
手になじみやすい木の葉型。
一度使ったら手放せなくなります。
size:75×135×35mm
価格:226円(税込)

■スポンジたわし極〆(木の葉薄型二個入)
人気の木の葉型を2/3 程度の厚みにした2 枚セット。
2 色入りなので用途に合わせて使い分けが可能です。
size:75×135×35mm
価格:340円(税込)

■スポンジたわし極〆(角型)
オーソドックスな角形。
用途万能です。
size:70×110×35mm
価格:226円(税込)
___________________________________________________________________________________________________________
【本件に関するお問い合わせ先】
株式会社亀の子束子西尾商店
担当:広報部 石井
TEL. 03-3916-3231(代表)
ishii@kamenoko-tawashi.co.jp
http://www.kamenoko-tawashi.co.jp/

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング