Arbor Networks、高度な脅威検知、インシデント対応、セキュリティ検証の機能を備えた Pravail(R) Security Analyticsを発表

PR TIMES / 2014年3月19日 14時10分

30日間の無料トライアルを実施

Arbor Networks, Inc.は、高度な脅威検知、インシデント対応、およびセキュリティ検証の機能を備えた Pravail Security Analyticsを発表しました。このソリューションを実現させた技術は、Arbor Networksが 2013 年 9 月に買収したオーストラリア・シドニーを拠点とするビッグデータ・セキュリティ分析の分野のイノベーター企業、Packetloop社が開発したものです。



エンタープライズやサービス・プロバイダーのネットワーク向けに分散型サービス拒否(DDoS)攻撃や高度な脅威の対策ソリューションを提供するリーディング・プロバイダArbor Networks, Inc.(以下「Arbor Networks」)は、本日、高度な脅威検知、インシデント対応、およびセキュリティ検証の機能を備えた Pravail Security Analyticsを発表しました。このソリューションを実現させた技術は、Arbor Networksが 2013 年 9 月に買収したオーストラリア・シドニーを拠点とするビッグデータ・セキュリティ分析の分野のイノベーター企業、 Packetloop 社が開発したものです。

Arbor Networks プレジデントのマシュー・モイナハン(Matt Moynahan)は、「Arbor は企業のセキュリティ・チームに、自社ネットワークで起こっている活動に関する最も詳細なデータを提供します。Pravail Security Analyticsは、お客様が自社のグローバル・ネットワークへの攻撃をかつてなく早くかつ詳細に把握することを可能にする、強力なソリューションです。私達は大量のデータに意味のある前後関係を与えることで、セキュリティ・チームがごく一部の重要なデータに的を絞ってより素早く対応し、自社ネットワーク環境内にはびこる脅威が業務に影響を与える前に、その脅威を特定できるようにすることを重視しています」と述べています。

グローバルな攻撃インテリジェンスによるローカルな保護
Pravail Security Analyticsを常にネットワーク・セキュリティの最先端に維持している攻撃インテリジェンスは、Arbor NetworksのATLAS(R)(アクティブ・スレット・レベル・アナリシス・システム)を基盤としています。ATLASはグローバルなインターネット・トラフィック上でArbor Networksと最大 70TB/秒の匿名データを共有する、全世界 300 社近くのサービス・プロバイダーとの協力関係により実現されたシステムです。この包括的な視点により、攻撃の状況に関するグローバル規模での見識が得られるのです。このデータセットをArbor Networksのセキュリティ研究チームが分析し、そこから検知方法を開発して、企業内で発生する脅威や悪意ある活動を識別するためのフィンガープリントを作成しています。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング