10年目の舞台『MOTHERマザー~特攻の母 鳥濱トメ物語~』に懸ける役者・ワッキーの独占インタビュー動画公開。「 いろんな人に見てもらいたいという一心です。」

PR TIMES / 2018年9月13日 10時1分

大林素子、ワッキー、おばたのお兄さん出演、東京グローブ座を皮切りに全国4箇所にて上演!

この度、株式会社エアースタジオ (本社:東京都墨田区、代表:大橋由紀子) は、舞台『MOTHERマザー~特攻の母 鳥濱トメ物語~』を東京公演(銀座グローブ座)を皮切りに全国4箇所で9月13日(木) より開演致します。

今回が10年目を迎える本作は、大東亜戦争末期の時代に特別攻撃隊員(以下:特攻隊員)達から“母”と慕われた人物“鳥濱トメ”の半生を描いた作品となっております。当時、特攻隊員たちが出撃前に連日訪れた軍指定食堂「富屋食堂」を舞台に特攻隊員達の葛藤や彼らを見送る富屋食堂の経営者“鳥濱トメ” の心情など、そこで繰り広げられる人間模様を描いた心打たれる作品です。大東亜戦争から74年経った今、戦争体験者が減り続けていく日本で、戦争の記憶を舞台を通し現代に生きる日本人へ投げ掛けます。




気持ちが入りすぎて練習中に涙する姿もみせるほどの役者魂を見せるワッキーさんのインタビュー動画が公開されました。

[画像1: https://prtimes.jp/i/36548/5/resize/d36548-5-920847-1.jpg ]



インタビュー動画はこちら→
https://m.facebook.com/story.php?story_fbid=303063936915782&id=588290314559427


〈インタビュー内容全文掲載〉

■役者・ワッキーさんへの独占インタビュー

Q、本作の内容紹介

この作品はですね、鹿児島県の知覧を舞台にした、特攻隊たちを可愛がり、勇気を与え続けた食堂のおばちゃんの話です。


[画像2: https://prtimes.jp/i/36548/5/resize/d36548-5-142763-0.jpg ]



Q、見どころは?

大林素子さんが主役で食堂のおばちゃんをやっているんですけども、素子さんはいつも「私は主役じゃない、主役は特攻隊の皆さんだよ」っていう風に言うんです。誰が主役というか、もちろん僕のお芝居も見ていただきたいんですけども、とにかくこの作品がいい作品なので、意味があって意義がある作品なので、まぁ内容は言えないですけども、この作品を見ていただきたいです。

[画像3: https://prtimes.jp/i/36548/5/resize/d36548-5-677153-5.jpg ]



Q、この舞台の内容を知った時に感じたことは?

真実に基づいて、本当に特攻隊の方達が書いた遺書に基づいて作品を作っているので、生半可な気持ちじゃできないな、と。心を込めて稽古からやらなきゃいけないな、というか、やっています。


Q、自身の役について(役年数も)

初めて出たのが6年前なんですけど、その時は「憲兵」という、怖い役というか、特攻隊たちをいじめたり、本当に実際にバーンと殴ったりとかする役だったんですけども、数年前から特攻隊長をやらせていただいて、今僕46歳なんですけども、最年長特攻隊長として、若いのに負けず、頑張っております。すごいジジくさいコメントになってすみません。


Q、役でこだわっている所、難しいと感じている所。

演じててというか稽古からなんですけども、稽古だとやっぱり他の演者さんたちの演技も見るじゃないですか?自分が出ないところの演技も見るんですけども、随所で泣いてしまうんですよね。なので、自分の役としてでるところも泣いてしまうことも多いので、それはこっちサイドで気持ちが入りすぎてもお客さんに伝わらないと意味がないので、気持ちで演じてはいますけども、あんまり泣きすぎないようにというのはどっかで心がけています。結局泣いてしまうんですけど。


Q、稽古について

稽古はね、初めて見たときにびっくりしましたね。だって台本にないことから始めるんですもん。お芝居にない「教練」と言って、昔の特攻隊の方達がやっていたような、昔の筋トレですよね、特攻隊の方達がやっていたような、天突き運動といって、こう「ヨイショー!!」ってやったりだとか。まぁそれを特攻隊の役の人たちは1時間くらい前に集まって、みんなでみっちりやって汗だくになって「はー、はー」で、はい!じゃあここから稽古はじまるぞ、という風になるんですよね、その前の段階のものは舞台に関係ない・・まぁ一応関係はあるんですけども、舞台にあるシーンじゃないんで、でもそれが敬礼だとか回れ右だとかが舞台に、特に特攻隊の役の人たちは出てくるんですよね、それが。滲み出てくるというか。すごく大事なので。だから僕は教練を誰よりも声を出して頑張っております。テキサスという奴がいるんですけどね、そいつよりも僕は声を出して頑張っております。1番僕が声を出して頑張っております。(裏で『僕の方が出してますよ』の声)若手もっと声だせよ、と。

[画像4: https://prtimes.jp/i/36548/5/resize/d36548-5-622807-4.jpg ]

[画像5: https://prtimes.jp/i/36548/5/resize/d36548-5-153752-3.jpg ]



Q、この作品に対する想いは?

初演から10年なんですけども、僕は6年前から出させていただいていて、6年前に素子さんに「こういうお芝居をやっているんだけど出てみない?」って言われて、その時はまだ僕はお芝居自体もやったことなかったんですけど、初めてやった舞台がこれで、これしか舞台はやってないというか、他に浮気したくないというか、それぐらいこの舞台が大好きで。僕の演技がどうかわかりませんが、とにかくみんなハートでやっているというか、体育会系なので、高校時代のスポ根なので僕が。その時のあの理不尽な感じ。ああいう理不尽な練習みたいなものもフラッシュバックしてくるというか。教練やってるときに泣きそうになるときありますよね、思い出して。あとは、いやいやいやいや、俺まだ負けねえから、という部分もあるというか。とにかくみんなこっち側のことは当たり前なんです。一生懸命稽古することとか、心を込めてやることは当たり前なんで、そこの部分を口に出すというよりも、そこの部分が本番滲み出てくればいいな、と思いますね。それはやっぱり稽古をしっかりやらないと出てこないしお客さんに伝わらないなと思いますね。


Q、10年間、舞台が続いてきた秘訣は?

繰り返すようですけど、しっかり大事なところは何なのか、大事にしなければいけないことは何なのかを、藤森一朗さんはじめ、スタッフの皆さん、演者もみんなそこが一緒で、思ってること、ベクトルが一緒で。で、これを愛してるっていうところじゃないですかね。裏話になりますけど、これは別にこうしろって言われたわけじゃないですけど、舞台が始まる前に廊下に、女性のキャストがバーっと並んで、僕ら特攻隊を見送ってくれるんですよ、花を持って。それは舞台にないんですけど、実際知覧の方達がそういう風にやっていたというのをなぞってくれて、僕らも敬礼して「行ってきます」だとか、死にに行きますということなんですけど、そういう崖は前から始まっているというところが、どこか出てるんじゃないかなと思いますね。


Q、個人的に注目して見て欲しいと思うところは?

特攻隊のお芝居って、映画も含め本も含め、ちょっと偏っている部分もあるんじゃないかなと思うんです、日本目線というか。日本人だから、『日本が正義』みたいなところもあると思うんですけど、マザーは偏りがないというか。日本が悪いとか、アメリカが悪いとか、朝鮮が悪いとかじゃなくて、戦争が悪いんだよっていう風に、そこを1番強く言いたいんですよね。だから最後まで見ていただければそこが出てきますし、皆さんそう感じでくれると思います。


Q、10周年の舞台にかける意気込み

素子さんなんて10年やってます。あの人は言わないですけど、1番やっぱり頑張ってて主役ですし、鳥濱トメ役なんでね。でもそこまで頑張るかっていうくらい自腹でお客さん呼んだりとか、プロモーションでいろんな会社回ったりしてるんです、なので、去年の暮れに二人で話して、10周年ということもあって、とにかく全公演満席にしよう、満員にしようという目標を立てたんです。なので今回僕も集客にあたってのプロモーション活動もしましたし、そこを一丸となってやりたいですね。もちろん稽古は一生懸命やりますけども、そこを本当達成したいですね。みんなで、こっち(カメラの向こう側)に言ってるし、こっち(演者やスタッフ側)にも言ってるんですけども、みんなでお客さんいっぱい読んで、それはお金とかじゃなくて、いろんな人に見てもらいたいという一心です。本当にこの作品に自信があるし、意味も意義もあるし、見てくれた方が感動してくれるし、絶対。よし俺も明日から頑張ろうって絶対になる舞台なので、本当いっぱいの方に見てもらいたい。その想いですね。


Q、観客の皆さんへメッセージ

舞台「MOTHER マザー~特攻の母 鳥濱トメ物語~」今年で10年目です。同じお芝居を、作品をずーっとやっています。それには意味がありますので、劇場に皆さん足を運んで、僕らの心の込もったお芝居を見てください、よろしくお願いします!


[画像6: https://prtimes.jp/i/36548/5/resize/d36548-5-982719-2.jpg ]



<『MOTHERマザー ~特攻の母 鳥濱トメ物語~』公演概要>


■タイトル:戦後73年を飛び越えて『MOTHERマザー~特攻の母 鳥濱トメ物語~』

■特別協賛 :アース製薬株式会社

■主催・企画・製作:株式会社エアースタジオ

■脚本・演出:藤森一朗 (Air studio)

■協力:

鳥濱明久/知覧ホタル館/赤羽潤/薩摩おごじょ/特定非営利活動法人 知覧特攻の母鳥濱トメ顕彰会/公益財団法人 特攻隊戦没者慰霊顕彰会/ホリプロ/よしもとクリエイティブ・エージェンシー/生島企画室/えりオフィス/キューブ/オッドエンタテインメント/オーチャード/ニュースタッフプロダクション/エッグスター/インターフレンド/エヌティープロモーション/アトリエうみ/ウォーク/ジャストプロ
/スリーライズ/エンターマックス/ジールアソシエイツ/志事務所/ウィッチステーション/TYプロモーション/オンリーユー/ディネアンドインディー/エアー・パワー・サプライ/ビーパーク/NPO法人国際芸術文化交流振興会/劇団空感演人(順不同)


■出演一

大林素子 / 杉江優篤 / 佐々木絵梨花 / 河野うさぎ / 宮澤有 / 都布良ひとみ / 三浦剛 / 平安伸伍 / 日出郎 / 藤森太介 / 松本健司 / ワッキー(ペナルティ) / 他


【東京公演】

期間:2018年9月13日 (木) ~2018年9月17日 (月・祝)

会場:東京グローブ座

全席指定(前売):7,000円(税込)

チケットはこちらから: https://www.confetti-web.com/detail.php?tid=46717&


【仙台公演】

期間:2018年11月10日 (土) ~2018年11月11日 (日)

会場:日立システムズホール シアターホール

全席指定(前売):4,000円(税込)

チケットはこちらから: https://www.confetti-web.com/detail.php?tid=47595&


【福島公演】

期間:2018年11月14日 (水)

会場:福島テルサ FTホール

全席指定(前売):4,000円(税込)

チケットはこちらから: https://www.confetti-web.com/detail.php?tid=47596&


【会津公演】

期間:2018年11月17日 (土)

会場:会津若松市文化センター 文化ホール

全席指定(前売):4,000円(税込)

チケットはこちらから: https://www.confetti-web.com/detail.php?tid=47597&


※電話予約も承っております※

カンフェティチケットセンター
0120-240-540 (受付時間 平日 10:00ー18:00)


■公演HP :  http://www.airstudio.jp


■公演に関する問合せ :(株)Air studio 03-6659-2830

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング