カリフォルニアのオフィシャルスポーツに『サーフィン』が公式認定

PR TIMES / 2018年9月19日 11時1分

9月20日は「カリフォルニア・サーフィン・デー」でカリフォルニアは祝日に!


カリフォルニアならではのスポーツ、といってまず思い浮かぶのは『サーフィン』。この夏、そのサーフィンがカリフォルニア州のオフィシャルスポーツとして公式に認定されました。



[画像1: https://prtimes.jp/i/36570/5/resize/d36570-5-872958-0.jpg ]



米国本土でサーフィンが初めて誕生したのは、1885年カリフォルニアのサンタクルーズ。以来、カリフォルニアでは、サーフィンというスポーツがこの地のカルチャーとして多くの人々のライフスタイルに強く根付いてきました。また、カリフォルニアのサーフカルチャーは、世界各地にサーフィンを愛する人々を生み出し、特に、毎年、サーフシティとして人気のハンティントンビーチで行われる世界最大級のサーフィン大会USオープンには、世界中からトップサーファーが参戦しています。今年のUSオープンでは、日本人サーファー・五十嵐カノアが、2年連覇を達成したことは記憶に新しいところです。

[画像2: https://prtimes.jp/i/36570/5/resize/d36570-5-471882-1.jpg ]

[画像3: https://prtimes.jp/i/36570/5/resize/d36570-5-612932-7.png ]

また、今回のカリフォルニア・オフィシャルスポーツが『サーフィン』に決定したことを受け、9月20日が「カリフォルニア・サーフィン・デー」として州の祝日となりました。この日は、歴史あるカリフォルニアのサーフカルチャーを祝うイベントがカリフォルニア各地のビーチで行われる予定です。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング