国内最大級のICTイベント「Interop Tokyo 2019」に出展のご案内

PR TIMES / 2019年5月27日 16時40分

2019年6月12日から3日間、幕張メッセで開催される「Interop Tokyo 2019」にAppGuardを出展します。



株式会社Blue Planet-works(本社:東京都渋谷区、代表取締役:中多広志、以下BPw)は、AppGuard(R)製品ディストリビュータである株式会社AppGuard Marketing(本社:東京都新宿区、代表取締役:柳博)、Safer Connected World株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:原口直道)と共同で、国内最大級のICTイベント「Interop Tokyo 2019」にてOSプロテクト型エンドポイントセキュリティ製品AppGuardを出展いたします。当社ブースでは、インストラクターによるAppGuard(R)紹介プレゼンテーションや、販売店様によるAppGuard(R)と周辺サービスのご紹介を行います。


日程:2019年6月12日(水)~ 14日(金)
会場:幕張メッセ国際展示場
出展ブース:【小間番号】5K04 (ホール5出入り口付近)
Interop Tokyo 2019公式ページ: https://www.interop.jp/

[画像: https://prtimes.jp/i/40798/5/resize/d40798-5-371744-0.png ]


■展示製品AppGuard(R)について
BPwグループが販売している「OS Protect型」エンドポイントセキュリティ製品「AppGuard(R)」は、その特長として1. 未知のマルウェアをブロック、2. マルウェアから完全防御、3. 約20年以上破られたことのない実績、の3点があります。導入実績としましては、米国では、政府機関等で約20年前から導入されており、医療機関や金融機関などでも採用が進んでおります。日本国内におきましては、大手航空会社や大手旅行会社、大手法律事務所等において導入が進んでおります。
2019年5月現在、Windows PC向けAppGuard(R) Enterprise、AppGuard(R) Solo(スタンドアローン版)、サーバ向けAppGuard(R) Serverのシリーズを販売しております。
公式Webサイト: https://www.blueplanet-works.com/


■ 株式会社Blue Planet-worksについて:
Blue Planet-works社は、革新的な「AppGuard(R)」テクノロジ・プラットフォームをベースとしたサイバーセキュリティ製品及びサービスを提供する日本発のグローバル・サイバーセキュリティ・カンパニーです。弊社は、「Safety for the Connected World」をビジョンに掲げ、今後、IoTや5G の世界が広がることにより、これらの「コネクテッド・ワールド」においてあらゆる「モノ」のつながりの信頼関係や個人のプライバシー情報を守るソリューションが必須となる「信頼 TRUST」基盤を提供致します。
Blue Planet-works社は、新たに「TRUSTICA(R)」というコネクテッド・ワールド向けのセキュリティOSプラットフォームを提供し、将来の安心と安全を実現いたします。


本リリースについてのお問合せ先:
株式会社 Blue Planet-works 担当:山梨 
Email : marketing@blueplanet-works.com

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング