日本初「ひつじのショーン」ミュージアムカフェ『ひつじのショーンビレッジ ショップ&カフェ』

PR TIMES / 2019年8月7日 15時40分

2019年11月にグランベリーパークにオープン!

 株式会社東北新社(本社:東京都港区)がライセンスを所有するイギリス発クレイ・アニメーション「ひつじのショーン」をテーマにしたコンセプトカフェ『ひつじのショーンビレッジ ショップ&カフェ』が、2019年11月にオープンする「グランベリーパーク」内に開業いたします。



[画像1: https://prtimes.jp/i/43030/5/resize/d43030-5-208388-8.jpg ]

                     【店舗イメージ】


 「ひつじのショーン」は、アカデミー賞(R)をはじめ世界の権威ある賞を多数受賞するなど常に高い評価を獲得してきた、イギリスの「アードマン・アニメーションズ」がストップモーション技術を用いて製作するクレイ・アニメーションで、世界170の国と地域で愛されている人気の作品です。日本では2007年の放送開始より13年が経ち、2019年12月13日(金)には長編映画第2弾となる「映画 ひつじのショーン UFOフィーバー!」の公開も決定しています。
 この度オープンする『ひつじのショーンビレッジ ショップ&カフェ』は、「ひつじのショーン」の常設施設としては、3月にオープンした『ひつじのショーン ファームガーデン』に続く9店舗目となります。20~30代の大人の女性をターゲットに、「ひつじのショーン」をテーマにしたコンセプトカフェとして初の大人向けのメニューも検討しており、ここでしか体験する事ができないメニューを楽しむことができます。さらに、キャラクターやイギリスに縁のあるメニューやグッズも取り揃え、ワークショップやイベントなどもご体験いただけます。また、キャラクターの世界観により没入いただけるよう、エントランスは作中に登場する牧場主の家の外装を忠実に再現し、作品のキャラクターの立像や人形たちがカフェスペースでお客様をお出迎えいたします。クレイ・アニメーションの質感やディティールにこだわった大人の雰囲気を醸しながらも、愛らしくも愉快なキャラクターたちはお子様を連れたファミリーも歓迎いたします。
 また、「ひつじのショーン」は来年の2020年にキャラクター誕生から生誕25周年を迎えます。より幅広いお客様への訴求と展開を今後も予定しております。

■『ひつじのショーンビレッジ ショップ&カフェ』メニュー例
ショーンのアップルクランブル

[画像2: https://prtimes.jp/i/43030/5/resize/d43030-5-782565-2.jpg ]

イギリスの家庭的な冬の定番スイーツ。甘酸っぱいりんごのコンポートにサクサクのクランブルをのせて焼き上げ、アイスクリームと生クリームをのせてサーブします。クランベリーソースを添えてお召し上がりください。

ビッツァーのハンバーグプレート

[画像3: https://prtimes.jp/i/43030/5/resize/d43030-5-803875-3.jpg ]

顔はオニオンとターメリックのピラフ、鼻はビーフハンバーグ(下にカレーソースが隠れています)。耳はソーセージ、帽子はハーブティーで色づけしたマッシュポテト。小学生の男の子にビッツァーのファンが多いので、男の子の大好きなものをたっぷりのせて仕上げました。

3匹のいたずらブタのよくばりロール

[画像4: https://prtimes.jp/i/43030/5/resize/d43030-5-161688-4.jpg ]

いたずらブタが覗き込んでいる様子をロールパンのサンドイッチにしました。ブタはビーツ入りマッシュポテト。具材はカレー風味のカーネーションチキンやソーセージと野菜の煮込み、マカロニチーズなどボリューム満点!

シャーリーの食いしん坊グラタンオムライス

[画像5: https://prtimes.jp/i/43030/5/resize/d43030-5-504278-5.jpg ]

ピラフごはんにチキンとラタトゥイユをのせて卵をかぶせ、グラタンソースとチーズをたっぷりかけて焼き上げました。チーズがとろける熱々オムライスです。

[画像6: https://prtimes.jp/i/43030/5/resize/d43030-5-823953-6.jpg ]

■店舗概要
店名:『ひつじのショーンビレッジ ショップ&カフェ』
場所:グランベリーパーク 中央街区(セントラルコート)
住所:東京都町田市鶴間3丁目4―1
延床面積:約82坪
客席数:75席


■南町田グランベリーパーク
南町田グランベリーパークは、田園都市線南町田駅の南側に広がる鶴間公園と2017年2月に一時閉鎖した旧グランベリーモール跡地を中心とする約22ヘクタールのエリアについて、町田市と東京急行電鉄株式会社が連携して、郊外住宅地に魅力あふれる「新しい暮らしの拠点」を創り出す、まちづくりプロジェクトです。約230店舗が出店する商業施設、新しいまちの玄関口となる駅や緑豊かな憩いの場の都市公園と一体となり、訪れる人それぞれにとって居心地の良い、自然と賑わいの融合した新たな時間の過ごし方を提案します。

■「ひつじのショーン」とは
イギリスのアードマン・アニメーションズ製作のクレイ・アニメーション。発明家のウォレスと忠犬グルミットによる大ヒットコメディー「ウォレスとグルミット、危機一髪!」(1995 年/英)に初登場したひつじのキャラクターがショーンです。人気が出たショーンを主人公にしたスピンオフ作品として「ひつじのショーン」(2007年/英) が放送開始。ショーンとその仲間の動物たちが牧場で巻き起こすユーモアあふれるストーリーのドタバタコメディーです。個性的なキャラクターが沢山いることも魅力のひとつで、現在では世界170の国と地域で愛されている人気の作品です。
[画像7: https://prtimes.jp/i/43030/5/resize/d43030-5-361083-7.jpg ]

■アードマン・アニメーションズとは
ピーター・ロードとデイビッド・スプロクストンにより設立された「アードマン・アニメーションズ」。ストップモーション技術を用いたクレイ・アニメーションの長い伝統を持ちアカデミー賞(R)をはじめとする世界の歴史と権威ある賞を多数受賞するなど、常に高い評価を獲得してきました。
初期の代表作である「モーフ」をはじめ、「ウォレスとグルミット」シリーズ、「チキンラン」、そして全世界170の国や地域で展開されている「ひつじのショーン」など、愛らしく愉快なキャラクターたちを生み出し、その作品たちは、世代を超えて、大人から子どもまで魅了し続けています。

会社名:アードマン・アニメーションズ(英語表記:Aardman Animations, Ltd.)
創設:1972年 所在地:英国・ブリストル
代表的な作品:「ウォレスとグルミット」シリーズ(アカデミー賞短編アニメ賞受賞)
「ウォレスとグルミット 野菜畑で大ピンチ!」
(第33回アニー賞全部門制覇、第78回アカデミー賞長編アニメ賞受賞)等

※本リリースの画像をご使用の際は必ず以下のコピーライトを表記下さい。
(C) Aardman Animations Ltd 2019

※映画ポスターをご使用の際は必ず以下のコピーライトを表記下さい。
(C) 2019 Aardman Animations Limited and Studiocanal SAS

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング