日本食をキラーコンテツとした訪日誘引施設を開業

PR TIMES / 2020年1月15日 18時25分

台湾最大のサービスエリアに初進出

従来、収益化が難しいと思われていた屋上に話題性の高い施設を展開し、事業化に成功してきた株式会社デジサーフ(本社:神奈川県藤沢市、代表取締役社長:高橋佳伸)は台湾の清水サービスエリア3階(屋上)に『日本食』をテーマにした飲食物販スペースをプロデュース致しました。



[画像1: https://prtimes.jp/i/44677/5/resize/d44677-5-775595-1.png ]



レジャーカンパニーが展開する新しい地方創生モデル
デジサーフは遊休地を活用し、メディアに取り上げられる店舗を作り、ポータルサイトに集客し地方へ送客する事業をしています。大阪城のパークPFIでは屋内商業施設ジョーテラスにラーメン7店舗、和牛鉄板焼き、日本酒利き酒、忍者VRを集めた城下町という和の施設をオープンさせ大阪城の魅力向上をした実績があります。今回の台湾展開では、年間売り上げ30億円を誇る台湾最大の台中にある清水SAであるが、国外で3階という大型施設の大規模リニューアルのため日本企業が躊躇する中、訪日を誘引させる事を目的としてこのプロジェクトに参加致しました。今後も、海外から日本への送客ができる仕組みを作っていきます。
[画像2: https://prtimes.jp/i/44677/5/resize/d44677-5-411394-0.png ]



台湾最大の清水SAをスモールジャパンに
~日本の食・文化を集結~
(株)デジサーフのプロデュースする清水SAの3階フロアでは、『和』をテーマにした食と文化を1か所に集結しました。広く大きな空間に和の文化を凝縮させる事で、日本と台湾の「ひと・もの・文化」をつなぐきっかけとなるフロアになっています。日本に行かずとも和を存分に満喫できる事が最大の魅力です。
設計施工:カレイドジャパン(株)

寿司
北海道の厳選食材を使用した海鮮丼をお楽しみ頂けます。
各テーブルごとにタッチパネルが設置されており、オーダーをするとシャトルの形をした移動式テーブルが食事を運んでくるので、ファミリーやお子様も楽しめます。
[画像3: https://prtimes.jp/i/44677/5/resize/d44677-5-489407-3.png ]


カフェ
カフェエリアでは夜景を眺めながらのコーヒータイムをお楽しみ頂けます。
また、台湾でも人気の日本のカレーライスをご用意、様々な具材の入った個性豊かな
カレーライスを味わう事ができます。
[画像4: https://prtimes.jp/i/44677/5/resize/d44677-5-562996-6.png ]


お土産
日本各地の特産品や名産品を厳選して販売。日本に行かなくても人気の商品を購入する事ができます。季節に応じて商品は入れ替えるので、最も旬な商品と触れ合えます。
[画像5: https://prtimes.jp/i/44677/5/resize/d44677-5-877373-4.png ]


フードコート
日本の味をそのまま楽しめる人気の和食店を厳選し集めました。
ラーメンからどんぶりまで、本格的な日本食をお楽しみ頂けます。
[画像6: https://prtimes.jp/i/44677/5/resize/d44677-5-157373-7.png ]

[画像7: https://prtimes.jp/i/44677/5/resize/d44677-5-886949-8.png ]


企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング