【ニコニコネット超会議2020夏】×【S亭-産経落語会-】 自宅で落語が楽しめるネット落語 【超落語】第3弾 “真夏の二夜”

PR TIMES / 2020年7月22日 10時0分

「小痴楽・宮治二人会」、「天どん・一之輔二人会」開催決定!!

 株式会社ドワンゴと産経新聞社は、2020年8月9日(日)~8月16日(日)の計8日間にわたり開催するインターネットの祭典「ニコニコネット超会議2020夏」より、8月12日・14日にネット生放送による落語公演「超落語」を放送します。本放送は、自宅で落語が楽しめる新しいスタイルの“ネット落語”として、S亭(産経新聞社が運営する落語会)のプロデュースで開催します。



[画像1: https://prtimes.jp/i/60989/5/resize/d60989-5-796859-0.jpg ]

[画像2: https://prtimes.jp/i/60989/5/resize/d60989-5-473500-1.jpg ]


昨今の落語ブームを牽引する筆頭格の柳亭小痴楽、桂宮治に加え三遊亭天どん、春風亭一之輔が新たに参戦!
 昨秋に落語芸術協会として15年ぶりの「単独」真打昇進を果たした小痴楽と、来年2月に同協会では29年ぶりとなる異例の「抜擢」昇進を決めた宮治。そんな落語ファン注目の2人による初の”ネット落語”「超落語」を産経新聞社落語事務局・通称「S亭」プロデュースにより4月の「ニコニコネット超会議2020」で初開催しました。
 このたびのネット超会議夏では、新たに三遊亭円丈門下の奇才、三遊亭天どんと、最もチケットが取りにくい落語家といわれる春風亭一之輔を迎え、同企画の第3弾をお届けします。二人会での化学反応に注目です。今回もニコニコ生放送ならではの演出やコメントでのコミュニケーションを予定しており、オンラインならではの寄席をお届けします。

番組概要

[表1: https://prtimes.jp/data/corp/60989/table/5_1.jpg ]



ニコニコネット超会議2020夏 Supported by NTT開催概要

[表2: https://prtimes.jp/data/corp/60989/table/5_2.jpg ]


企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング