クオンタムリープ・キャピタル・パートナーズ、滋賀銀行グループと地方創生ファンドを設立。ナレッジキャピタルと提携し、7月から活動を開始

PR TIMES / 2020年7月14日 19時40分

クオンタムリープ・キャピタル・パートナーズ 第一号ファンド設立

クオンタムリープ・キャピタル・パートナーズは第一号ファンドとなる地方創生ファンドを滋賀銀行と設立いたしました。同日、グランフロント大阪の中核施設「ナレッジキャピタル」と提携し世界のハブとなるOSAKAから、地域資源のブランディング、価値発信の強化に協働して取り組んで参ります。



クオンタムリープ・キャピタル・パートナーズ株式会社(代表取締役・島岡 高志)は、滋賀銀行(本店・大津市、頭取・高橋 祥二郎)、しがぎんリース・キャピタル株式会社(本社・大津市、代表取締役社長・長谷川 雅人)と、「しがぎん地方創生SDファンド投資事業有限責任組合」(以下、「本組合」)を2020年7月14日、設立しました。

新型コロナウイルスの影響によって、社会は今、大きな変革を求められています。
本ファンドはポストコロナにおける経済発展において、地方創生を重要なファクターとして考え、今後の成長が期待されるベンチャー企業や、既存分野において革新的なビジネスモデルによって成長を目指す企業に投資を行います。

また、本ファンドは、同日、グランフロント大阪の中核施設「ナレッジキャピタル」と提携しました。ナレッジキャピタルが運営するグランフロント大阪内のコラボレーションを目的とした会員制サロン「ナレッジサロン」を本ファンドの活動の場として活用すると共に、ナレッジキャピタルの持つプログラムやネットワークを通し、知的創造・交流・イノベーションの機会を提供します。
本ファンドは、ナレッジキャピタルと連携し、世界のハブとなるOSAKAから、地域資源のブランディング、価値発信の強化に協働して取り組んで参ります。


[画像1: https://prtimes.jp/i/61611/5/resize/d61611-5-780392-7.jpg ]



◆ アドバイザー出井伸之(クオンタムリープ株式会社 代表取締役会長 ファウンダー)からのコメント
誰しも、繰り返しコツコツやっていると、何かのチャンスでいきなり大きく成長する機会に恵まれた、という経験があるのではないでしょうか?リニアな成長ではなく、あるタイミングで量子的跳躍(クオンタムリープ)が得られるのです。
地方創生にはこの跳躍のチャンスがあります。企業と企業、技術と人、エリアとタイミング。新旧大小の様々なクロスカップリングから革新を生むカタリスト(触媒)ファンドになることを、アドバイザー、投資家として応援していきます。


■ファンドの運営について
[画像2: https://prtimes.jp/i/61611/5/resize/d61611-5-420355-1.png ]



■滋賀銀行について
(1)名称 : 株式会社滋賀銀行
(2)本社 : 〒520-8686 滋賀県大津市浜町1番38号
(3)代表者  : 代表取締役頭取 高橋祥二郎
(4)設立日  : 1933年10月1日
(5)業務   : 銀行業

■しがぎんリース・キャピタルについて
(1)名称 : しがぎんリース・キャピタル株式会社
(2)本社 : 〒520-0041 滋賀県大津市浜町4番28号 浜町ビル4・5階
(3)代表者  : 代表取締役社長 長谷川 雅人
(4)設立日  : 1985年5月1日
(5)業務   : リース・割賦販売・投資業務・コンサルティング業務

■ナレッジキャピタルについて
(1)名称 : ナレッジキャピタル
(2)本社 : 〒530-0011 大阪市北区大深町 3-1 グランフロント大阪 北館
(3)運営組織 : 一般社団法人ナレッジキャピタル (代表理事 宮原 秀夫)
(4) 業務 : グランフロント大阪ナレッジキャピタルの直営施設の運営、外部連携など公益的な取り組み等

クオンタムリープ・キャピタル・パートナーズについて
クオンタムリープ・キャピタル・パートナーズ株式会社は、ベンチャー投資家として世界的な実績を持つ 出井伸之のグランドビジョンのもと、大企業変革支援やベンチャー企業の育成支援活動を行う クオンタムリープ株式会社、 国内外のM&Aアドバイザリーの専門企業である 株式会社アイファス、 サーチ・ファンド型インキュベーターの コマエンタープライズ リミテッド の三社の共同出資によって設立されました。
ありえない、できるはずがない。そういわれていたことの実現がクオンタムリープ・キャピタル・パートナーズの使命です。経営者の立場としてクオンタムリープ(=非連続の飛躍)を経験したパートナーが事業運営を行います。
クオンタムリープ・キャピタル・パートナーズの事業は、投資事業です。しかし、投資回収出来る事業を見つけ投資することだけが私たちの役割ではありません。日本に分散する良質なアイデア・人材・チャンスを束ね、新たな価値を生み出す事業にすることも重要な役割だと考えます。大企業が持つ、冒険心あふれるプロダクトをベンチャーとして独立させ、大きく育てることや、ベンチャーの活力を大企業のセカンドピークに取り入れ事業化するなど、あらゆる垣根を越え、価値ある力を大きく育てます。


[画像3: https://prtimes.jp/i/61611/5/resize/d61611-5-796542-4.jpg ]

島岡 高志
CEO代表パートナー  & Co Founder

キャピタル・マーケットにおいて25年以上の経験を有する。クオンタムリープ・キャピタル・パートナーズへの参画以前は、シティバンク・ジャパンのマネージング・ディレクター兼市場責任者としてキャリアを積む。シティバンクでは、経営委員会のメンバーであり、リスクトレジャリー、またFX及びデリバティブを統括し、銀行資金500億ドルの運用責任者を務 める。アイファスコンサルティングでは、投資、キャピタル・マーケット等様々なプロジェクトに関わり、国内外の投資家に対するコンサルティング業務も行う。

[画像4: https://prtimes.jp/i/61611/5/resize/d61611-5-829265-5.jpg ]

中村 智広
代表パートナー  & Co Founder

1990年にソニーに入社し、盛田昭夫会長のオフィスに配属される。ソネット、VAIO開発に貢献し、その後ソニーコリアの社長となる。2010年に社長補佐としてミツミに入社。事業部の部長業務も兼務。2012年にソニーの前会長である出井伸之氏と共にクオンタムリープ・アジアを設立し、代表取締役として業務を行う。

[画像5: https://prtimes.jp/i/61611/5/resize/d61611-5-628033-6.png ]

小間 裕康
代表パートナー  & Co Founder

2000年、ピアニストとして活動をしながら音楽家派遣サービスをはじめ、株式会社コマエンタープライズを設立。国内外の電機メーカーのマーケティング、BPO事業に展開。2010年、GLM株式会社を設立。独自開発のEV Platformをもとに、EVスポーツカー「トミーカイラZZ」を開発し、日本のベンチャーとして初めてEVの量産を開始。2017年に香港証券取引所に上場するO LUXE HLDと株式交換によるクロスボーダーM&Aを実施しExecutive Directorを務める。


■クオンタムリープ・キャピタル・パートナーズのこれまでの取り組み
[画像6: https://prtimes.jp/i/61611/5/resize/d61611-5-788316-2.png ]



■クオンタムリープ・キャピタル・パートナーズ株式会社 会社概要
[画像7: https://prtimes.jp/i/61611/5/resize/d61611-5-189265-3.png ]


企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング