幻の沖縄スピリッツ『イムゲー』、ついに東京本格上陸!期間限定「銀座わしたショップ本店」で売場拡大販売

PR TIMES / 2020年10月5日 11時33分

銀座&有楽町駅周辺でデジタルサイネージ広告も絶賛掲載中!

沖縄の泡盛製造所3社※が展開する、幻の沖縄スピリッツ『イムゲー』普及促進プロジェクトIMUGE.Projectは、2020年10月1日(木)~10月31日(土)までの間、メンバー3社が製造する『イムゲー』を東京・銀座にある沖縄県アンテナショップ「銀座わしたショップ本店」にて売場拡大して販売します。




同時に、今回の期間限販売を記念して、来店してアンケートに答えるとIMUGE.オリジナルグラスが先着300名様に当たるプレゼントキャンペーンを開催します。
また期間中、ショップ近くの東京メトロ銀座駅松屋口改札と有楽町線有楽町駅そごう口改札外では、デジタルサイネージを活用した広告を掲載します。ぜひこの機会に「銀座わしたショップ本店」へ足をお運びいただき、『イムゲー』の味と世界観をお楽しみください。
※石垣島の請福酒造有限会社(請福酒造)、宮古島の株式会社多良川(多良川)、久米島の株式会社久米島の久米仙(久米仙)


[動画: https://www.youtube.com/watch?v=PETZqfxui9I ]


『IMUGE.』オフィシャルサイト: https://www.imuge.info/
『IMUGE.Project』公式YouTube: https://www.youtube.com/channel/UCfu4sjc6VRfNqnBiH6786Qw

ついに東京へ!沖縄でも貴重なお酒が「銀座わしたショップ本店」で手に入る
期間限定!「銀座わしたショップ本店」にて売場拡大して『イムゲー』販売中!
IMUGE.Projectメンバーである、請福酒造(石垣島)、多良川(宮古島)、久米島の久米仙(久米島)の3社が製造する『イムゲー』を、沖縄県アンテナショップ「銀座わしたショップ本店」にて期間限定で売場を拡大して販売します。幻の沖縄スピリッツといわれる『イムゲー』が東京で手に入るのは、ここ「銀座わしたショップ本店」だけ。新型コロナウイルス感染症の影響で沖縄までお越しになれない方にも、沖縄で誕生した美酒を味わっていただけたらという想いで企画しました。期間中、プレゼントキャンペーンも開催しています。ぜひこの機会に「銀座わしたショップ本店」へ足をお運びください。
・期間:2020年10月1日(木)~10月31日(土)
 ・場所:「銀座わしたショップ本店」
・URL: https://www.washita.co.jp/info/shop/ginza/


[画像1: https://prtimes.jp/i/64516/5/resize/d64516-5-128798-7.jpg ]



来店プレゼントキャンペーン開催!
期間中、「銀座わしたショップ本店」に来店してアンケートに答えるとIMUGE.オリジナルグラスが先着300名様に当たるプレゼントキャンペーンを実施。
香り豊かな『イムゲー』をより美味しく感じられる、オリジナルデザインのグラスをぜひ!

[画像2: https://prtimes.jp/i/64516/5/resize/d64516-5-112886-1.jpg ]

[画像3: https://prtimes.jp/i/64516/5/resize/d64516-5-609906-2.jpg ]


銀座を『イムゲー』がジャック!?
デジタルサイネージで広告展開!
[画像4: https://prtimes.jp/i/64516/5/resize/d64516-5-795178-4.jpg ]

2020年10月1日(木)~10月31日(土)、「銀座わしたショップ本店」の最寄り駅の、東京メトロ銀座駅松屋口改札と有楽町線有楽町駅そごう口改札外にて、『イムゲー』のデジタルサイネージを活用した広告を展開します。“約100年の時を経て、復活した幻のスピリッツ!”という、『イムゲー』の歴史へのこだわりが感じられる内容になっています。

・期間:2020年10月1日(木)~10月31日(土)
・場所:東京メトロ銀座駅松屋口改札、
    有楽町線有楽町駅そごう口改札外


■泡盛でもない、焼酎でもない。
琉球庶民がこよなく愛した幻の酒『イムゲー』とは・・・ 

[画像5: https://prtimes.jp/i/64516/5/resize/d64516-5-523678-5.jpg ]

『イムゲー』は、漢字で書くと「芋下」。泡盛でもない、焼酎でもない、自家製の芋の蒸留酒です。はるか琉球王朝の時代に、「甘藷」「黒糖」など 身近にある材料を工夫して各集落の女性たちが味噌麹をつくる要領で酒麹をつくり自家醸造していました。その後、明治後期に姿を消しましたが、沖縄の泡盛製造所である請福酒造(石垣島)、多良川(宮古島)、久米島の久米仙(久米島)の3社が地元経済全体の活性化を目的に『イムゲー』復活を目指し、2016年より商品開発を進めました。


新生『イムゲー』も、地産地消が大原則。原料として使う甘藷と黒糖を沖縄産に限定させ造りました。2018年、各蔵の垣根を越えた技術交流と品質向上に向けた研究開発が実を結び、ついに現代風にアレンジされた新生『イムゲー』が誕生。
[画像6: https://prtimes.jp/i/64516/5/resize/d64516-5-824548-6.png ]

そしてその味は・・・。
初めて口にした誰もが「え?当時の庶民はこんなに美味しい酒を飲んでいたのか!」というほど驚愕の味わい。
口に含んだ瞬間、甘藷に由来する柑橘の爽やかな香りと果実・花のような華やかな風味を呈し。次に、鼻孔に泡盛の特徴的なバニラやカラメルのような甘くて重厚な風味が来る。飲み口は軽くキレがあるのが特徴です。



IMUGE.Project メンバー 

請福酒造有限会社
代表取締役社長 漢那憲隆
沖縄県石垣市宮良959
http://www.seifuku.co.jp/

株式会社多良川 
代表取締役社長 砂川拓也
専務取締役 砂川英之
沖縄県宮古島市城辺字砂川85
http://www.taragawa.co.jp/

株式会社久米島の久米仙
代表取締役社長 島袋正也
沖縄県島尻郡久米島町字宇江城2157
https://www.k-kumesen.co.jp/


<本件に関するお問い合わせ>
請福酒造:098-875-9323/多良川:098-875-1213/久米島の久米仙:098-985-2276

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング