「Pay-easy(ペイジー)」月間利用件数が過去最高600万件突破~地方公金取扱件数が拡大、オンライン方式が初の月間300万件超~

PR TIMES / 2012年6月20日 18時40分



 電子決済サービス「Pay-easy(ペイジー)収納サービス(注1)」の平成24年5月の利用件数が、過去最高の610万件(対前年同月比121%)となり、初めて月間600万件を突破しました。

 利用金額は、9,163億円(同123%)となりました。利用件数は地方公金の利用件数が最も多く、前年同月比133%という大きな伸び率となり、ペイジーの地方公共団体への浸透が如実に表れる結果となりました。

 また、オンライン方式(注2)の利用件数は月間300万件を超え、「いつでも、どこでも、あんしん、かんたん」な生活に身近な決済インフラとして成長しています。


【平成24年5月の月間利用状況】
(1)ペイジー収納サービス全体の利用状況
          利用件数         利用金額
ペイジー全体    610万件 (121%) 9,163億円 (123%)
国          83万件 (127%) 6,558億円 (122%)
地方公共団体    282万件 (133%) 1,855億円 (127%)
民間        245万件 (108%)   750億円 (117%)
( )内は対前年同月比

 5月の利用増加の主な要因は、地方公金における利用の増加です。5月の地方公金の利用件数は対前年同月比133%の282万件、利用金額は同127%の1,855億円となりました。これは、5月は自動車税の納付時期でもあり、今年度から新たに自動車税等の納付へのペイジー対応を開始した地方公共団体を中心に、大幅に利用が拡大したことによるものです。
 また、国庫金でも月間の利用件数が前年同月比127%の83万件、利用金額が同122%の過去最高となる6,558億円を記録しました。これは、政府の電子政府推進の動きと相俟って、税理士を中心とした国税の納付や、関税の納付での利用が拡大を続けていることによります。


(2)オンライン方式全体と利用チャネルの内訳
          利用件数         利用金額
オンライン方式全体 305万件 (123%) 7,349億円 (123%)
PC・モバイル   194万件 (120%) 7,017億円 (123%)
ATM        82万件 (126%)   180億円 (145%)
その他        28万件 (133%)   152億円 (111%)

( )内は対前年同月比

 今回、オンライン方式の取扱件数が初めて月間300万件を超えました。オンライン方式の取扱状況は、ほとんどのチャネルで、月間利用件数・金額の過去最高値を更新する結果となりました。
 チャネル別に見ると、ATMにおける利用件数は対前年同月比126%の82万件、利用金額は同145%の180億円と大幅に拡大しています。これは、昨年度ペイジーに対応した金融機関ATMが拡大(全国の金融機関ATMの約43%(台数ベース)がペイジーに対応)したことによる大きな効果であり、ペイジー対応ATM拡大は地方公金の利用増加にも寄与したと言えます。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング