社会保険等の電子申請義務化を見据え 人事給与システムとe-Gov電子申請の連携を実現

PR TIMES / 2018年10月4日 15時40分

~e-Gov連携ソリューション Charlotte -SMILE Edition- を発売~

株式会社ユー・エス・イー(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:吉弘 文平)は社会保険・雇用保険の電子申請を支援するクラウドサービス「e-Gov連携ソリューション Charlotte(シャーロット)」の新エディションとなる「Charlotte -SMILE Edition-(シャーロット -スマイル エディション-)、以下Charlotte SE」を2018年10月10日(水)に発売致します。



[画像1: https://prtimes.jp/i/4207/6/resize/d4207-6-205878-1.jpg ]


株式会社ユー・エス・イー(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:吉弘 文平)は社会保険・雇用保険の電子申請を支援するクラウドサービス「e-Gov連携ソリューション Charlotte(シャーロット)」の新エディションとなる「Charlotte -SMILE Edition-(シャーロット -スマイル エディション-)、以下Charlotte SE」を2018年10月10日(水)に発売致します。

厚生労働省より、一定規模以上の企業に対して2020年4月から厚生年金や雇用保険等の電子申請義務化方針が発表されるなど、行政手続きの簡素化に向けた検討が着々と進められています。電子申請義務化対象の企業に限らず、多くの手間と時間がかかり、正確性や情報セキュリティへの配慮が求められる社会保険等の申請手続きは、電子化による業務効率向上が急務です。

Charlotte SEは、株式会社OSK(本社:東京都墨田区、代表取締役社長:宇佐美 愼治)が提供する統合業務パッケージ「SMILE V(スマイル ブイ)、以下 SMILE V」に、Charlotte SEと同日提供開始となる『SMILE V e-Gov連携 for 人事給与(スマイル ブイ イーガブレンケイ フォー ジンジキュウヨ)』を導入することで、「SMILE V 人事給与」の管理データを「Charlotte SE」に取り込み、煩わしい作業を必要としない社会保険や雇用保険の届書の電子申請を実現します。役所に出向かず社内からオンラインで手続きが行えるため、業務の時短化に加え、個人情報を含む書類を社外に持ち出すというセキュリティリスクへの対策につなげられます。


■Charlotte SEの流れ

[画像2: https://prtimes.jp/i/4207/6/resize/d4207-6-165755-0.png ]



本発表にあたり、株式会社大塚商会様よりエンドースメントを頂戴しております。

■エンドースメント

株式会社大塚商会は、「e-Gov連携ソリューションCharlotte」と「SMILE V 人事給与」のシームレスな連携が実現したことを心より歓迎いたします。
この連携により、電子申請導入に対する難易度が格段に下がり、多くの企業で課題とされていた労務業務の生産性向上につながることを期待しております。さらに、国が進める行政コスト削減に寄与し、企業の働き方改革へ貢献できるソリューションとして、より多くのお客様にお届けすべく、一層注力してまいります。

株式会社大塚商会 取締役兼上席執行役員 業種SI部門長  広瀬光哉


※「e-Gov連携ソリューション Charlotte」は株式会社ユー・エス・イーの登録商標です。
※「SMILE」「SMILE V」は株式会社OSKの登録商標です。
※文中に記載の製品名等固有名詞は各社の登録商標または商標です。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング