UL Environment、持続可能性への取り組みの自己評価を可能にするツールを提供

PR TIMES / 2012年5月7日 15時16分

翻訳版:本プレスリリースは2012年5月3日(現地時間)、米国にて発表されたものです。

【2012年5月3日(現地時間) - 米国イリノイ発】米国の製品安全試験・認証機関であるUL Inc.(本社:イリノイ州ノースブルック、以下UL)は4日、ULが注力する5つのビジネスユニットの1つであるUL Environment(環境)において、メーカーが自社の持続可能性活動を審査する際に有用なウェブ・ツールの無償提供を開始したと発表しました。このツールは、昨年12月にUL Environmentが提供開始した「SQ(R)(持続可能性指数)サービス」の一環として開発されたもので、これによりメーカーは、UL 880規格の要求事項に準じた持続可能性活動の予備分析を行うことができます。また、調査参加者の回答が集計されているので、現時点での持続可能性の進捗状況における業界基準を知ることができます。

UL Environment副事業部門長であるゲイリー・セイビンは、「持続可能性推進プログラムにおいてメーカー各社は長足の進歩を遂げています。現在使用されている基準とのギャップを明らかにするこの審査ツールの利用は、環境、社会、ガバナンス(企業統治)に関する活動成果の把握を可能とするため、改革をさらに推進する刺激となります」と述べています。

このツールは、「UL 880: Sustainability for Manufacturing Organizations(製造組織の持続可能性)」(GreenBizと共同開発)に記された基準をベースにしており、メーカーが自社の持続可能性に関する活動状況を、環境に配慮した購買方針、温室効果ガスの削減目標、持続可能なサプライチェーン(部品供給網)の行動規定などの指標に基づき評価することを可能にします。

ゲイリー・セイビンは、「このツールを利用したオンライン審査に必要な時間はたったの15~20分です。それだけで、持続可能性への道を歩み始めた、或いは歩み続ける企業に対し、示唆に富んだ有効かつ実践的なレポートを提供します」と述べています。

UL EnvironmentのSQ(R)サービスは、事業の持続可能性に対する取り組みを審査、指数化、認証する包括的なプログラムで、次の5つの分野において企業の持続可能性を評価します。

・環境
・持続可能性を考慮した企業統治
・労働環境
・顧客とサプライヤー
・社会参画と人権

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング