お客様に価値あるサービスをご紹介【クレディセゾン“目利き委員会”】~第4弾「Brandear(ブランディア)」~

PR TIMES / 2012年2月17日 15時9分



株式会社クレディセゾン(本社:東京都豊島区、代表取締役社長:林野宏)は、「目利き委員会」(http://www.saisoncard.co.jp/mekiki/index.html) 第4弾として、2月17日(金)より当社ホームページにて、ブランド品宅配買取サービス「Brandear(ブランディア)」をご紹介させていただきます。

「目利き委員会」は、当社の社員によって構成され「革新的な創意工夫により今までにない顧客価値を生み出し、それを顧客メリットとして還元している企業・商品・サービス」を委員会メンバーが公正な目で探し出し、カード会員の皆様にご紹介することを目的に活動をしております。よって原則企業からの広告料や紹介手数料は頂かずに運営しております。

「Brandear(ブランディア)」は、不要になったブランド品を宅配にて買取させていただくサービスです。インターネットを通じて、ブランド品などのモノに価値を見出し、価値を与え、モノを通じて人と人をつなぐ、新しいバリューサイクルを体験して欲しいと考えています。
 買取した商品を売る際にもインターネット市場を利用し、質屋などと比べ、より大きな需要と価値を商品に見出すことが出来ます。広いニーズを受けている結果「幅の広いジャンルの買取」が可能となっています。査定価格は独自の市場相場マーケティングシステムである「DeCo(デコ)システム」を導入し、常にその市況にあった“適性な査定価格”をご提供し、新しい方法でクリーンな買取サービスを提供し続けます。

■第1弾
【ライフネット生命】「生命保険業界のタフ゛ーに挑戦」保険料の中身を公開して、革新的な価格を実現!
【おとなの自動車保険】「ベテランドライバーのために」保険料の仕組みを変え、40代・50代の保険料を割安に!

■第2弾
【ヴィノスやまざき】「“なければ作り出す”という発想」お客様の声を反映し、ヒット商品を続出!

■第3弾
【BUYMA(バイマ)】「3,500以上のブランド、世界65ヶ国、23,000人のバイヤーだから“世界中が在庫”」。世界中のバイヤーに、欲しい商品をリクエスト!

詳しくはホームページをご覧ください。
「目利き委員会」http://www.saisoncard.co.jp/mekiki/index.html


企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング