VERITAS 中学一年で「中学全範囲3年分の英語・数学を終える」超速習コースを開講

PR TIMES / 2012年2月1日 11時7分



東京理学会社(代表 梅津英世/東京都文京区本郷)
がプロデュースする「ヴェリタス」では、
−東大ですら選択肢の一つに過ぎないと思えるほどの学力的余裕を身につける−をコンセプトとするコースの一つとして、


中学1年の1年間で、
「中学全範囲3年分の英語・数学を終える」
超速習コースを開講します。

つきましては、
新中1生対象
無料体験講座と説明会を2/12(日)及び2/19(日)に行います。


英語は、アルファベットの書き方からはじめ、1年間で、クラスの98%が英検準2級もしくは3級(55%が準2級、43%が3級)を獲得します。

数学では、数字の代わりに文字を使ってみる!、ということからはじめ、来年3月には、2次方程式の解の公式を自らで導くことのできる数学力が身につきます。

はじめて学ぶ時だからこそ気づく素朴な疑問を大事にし、理解をごまかさない誠実さを身につけ、競争ではなく、互いの差を大事にし、その差から協同で学ぶ、ということを大事にしている授業です。

6年間で、解けるようになる、具体的な問題はこちら
http://www.veri.co.jp/flyer_j-jpg.html

中1から6年間通った、現在大学1年生の体験談はこちらhttp://www.veri.co.jp/voice/interviews/05.html
http://www.veri.co.jp/voice/interviews/11.html



■ 1年間の流れ

2012年3月〜2013年3月の1年間に、原則として1週間に1回、全44回の通常授業を行います。
(夏季(8月)、冬季(12月後半)、春季(翌3月)には、通常授業ではなく、講習を行います。)

<英語編>

第1回 アルファベット, 名詞とは何か,「S be N」構造
第2回 人称代名詞とbe動詞の呼応,疑問文と否定文
第3回 形容詞とは何か,「S be A」構造
第4回 所有格
第5回 副詞とは何か,副詞句(前置詞+N),「S be M 」構造

全44回 続きはhttp://veri.co.jp/curriculum/eng_l1.html


<数学編>

第1回 負の数入門       負の数はどうして必要なのか?
                そもそも今まで数と思っていたものは何なのか?
                足し算・引き算・かけ算・割り算をどう定義するか?
                それは現実とどのように対応しているのか?
第2回 累乗 +負の数計算練習 略記としての累乗
第3回 かっこを外す・つける  計算をまとめるためのカッコはどう扱ったらよいか?
第4回 代数入門        代数すなわち「数の代わり」として文字を使う
                計算規則等は当然「数」と同じ! 文字を使うメリットは?

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング