次世代高速通信サービスカバーエリア評価

PR TIMES / 2012年11月29日 16時43分

株式会社イード(本社:東京都中野区、代表取締役:宮川洋 以下、イード)は、全国14都市の冬のおでかけスポット、地上・屋内・地下、合計42ヵ所における「次世代高速通信サービスのカバーエリア調査」を実施した。



株式会社イード(本社:東京都中野区、代表取締役:宮川洋 以下、イード)は、全国14都市の冬のおでかけスポット、地上・屋内・地下、合計42ヵ所における「次世代高速通信サービスのカバーエリア調査」を実施した。
昨今、各キャリアの次世代高速通信サービスは、対応エリアや通信速度においてますます競争が激化しており、市場も急速に拡大している。また、テザリング対応スマートフォンへの注目も高まり、家でも外でも快適にインターネットを利用できる環境が整いつつある。一方、各キャリアはそれぞれ自社の高速通信サービスについて対応エリアを公開しているが、それが必ずしも実態を反映していないと疑問の声が上がることもある。全国20代~40代の会社員男女を対象として事前に行なった「次世代高速通信に関する意識調査」では、現在、高速通信を利用している人は24.8%にとどまったものの、今後利用してみたいと回答した人は68.9%にのぼり、高速通信への関心の高さが浮き彫りとなった。高速通信を利用してみたい理由として、WEBサイト閲覧が87.4%、動画の視聴が32.3%、写真のアップロードが27.7%であった。しかし、高速通信に対して、「あまりつながらないのでは」、「対応しているエリアがまだまだせまいのでは」といった不安を抱いている人も多かった。また、スマートフォンによるテザリングについては、「バッテリーの持続時間が心配(38.2%)」といった不安の声も聞かれ、高速通信の利用についてはモバイルルーターでの利用が主流(71.0%がモバイルルーターで利用)という結果だった。
こうした結果を受け、今回は対応エリアに着目し、次世代高速通信サービスの中でもモバイルWi-Fiルーターを扱っている4キャリアのカバーエリア評価を実施した。これから年末にかけてイベントが多数あり、SNSへの投稿などオンラインによるコミュニケーションが活発化していくことが予想される中、全国14都市42ヵ所におけるクリスマスシーズンの人気スポットでの高速通信サービスのカバーエリアの実態を明らかにした。
調査結果は下記の通り。

=========================

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング