Green Hills Software、2011 Boeing Performance Excellence Awardを受賞

PR TIMES / 2012年5月24日 11時54分

2012年5月24日

株式会社アドバンスド・データ・コントロールズ

Green Hills Software、2011 Boeing Performance Excellence Awardを受賞

~ 品質、納品実績、顧客満足、全体的な事業・財務健全性が認められる ~

米カリフォルニア州サンノゼ、2012年5月14日発表 - 最大手の独立系組込みソフトウェア・ソリューション・プロバイダであるGreen Hills Software社(以下、GHS)は、ボーイング社から2011 Performance Excellence Awardを授与されました。ボーイング社は、毎年優れた実績を上げたサプライヤを表彰しています。GHSは2010年10月1日から2011年9月30日まで、12ヶ月間の評価期間中、毎月Silverレベルという総合的な実績格付けを取ってきました。今年、ボーイング社は529社のサプライヤに対して、GoldレベルまたはSilverレベルのPerformance Excellence Awardを授与しました。GHSは他の406社とともにSilverレベル賞を受領しました。

GHSはINTEGRITY(R)リアルタイムOS(RTOS)ファミリと統合開発環境MULTI(R)をボーイング社に納入しており、他に、精密部品、電子・機械部品、加工サービス、電源・コンバータ、衝撃・振動絶縁装置などのサプライヤも、同時に受賞しました。

10年以上前からGHSは、ボーイング社内に用いる、ミッションクリティカル・プロダクトラインのためのシステムを提供しています。これに対するGHSの貢献には、ソフトウェア開発ツール、RTOSと関連するミドルウェア、および認証とコンサルティングサービスが包含されています。

*Green Hills Software社 創業者・社長兼CEOであるDan O'Dowd(ダン・オダウド)のコメント:
「私達は、ソフトウェア・サプライヤの一員として、この誉れ高い賞を頂いたことを誇りに思います。ボーイング社のサプライヤ表彰は、組織同士が協力し合って技術や専門知識を最大限活用するために必要な長期的連携力の存在を明らかにするものです。」

■Green Hills Software, Inc.(GHS)について
Green Hills Software社は1982年に設立され、独立系として最大の組込みソフトウェア・ソリューション・プロバイダです。2008年、GHSのINTEGRITY-178B リアルタイムOSは史上初めて、また唯一NIAP(米国国家情報保証パートナーシップ:NSAとNISTの共同事業)により “EAL6+, High Robustness”として認証されました。これは、これまでソフトウェア製品が達成した最高レベルのセキュリティです。GHSのオープン・アーキテクチャの統合開発ソリューションは、機器に緊密に組込まれ、セキュリティが絶対的に重要で高い信頼性をもち、工業界の認証を受けたソリューションを求める軍事・航空、医療、工業、自動車、ネットワーク、および家電分野のアプリケーションを対象としています。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング