男女500名に調査!この1年で「心を一番あたたかくしてくれた相手」は? 3人に1人は「大切な人に感謝の気持ちを伝えられていない」・・・ 感謝上手になるポイントは、「日常的に」感謝の言葉を伝えること!

PR TIMES / 2012年11月28日 18時2分



ネスレ日本株式会社(本社:神戸市)では、「ネスレ ブライト あつあつハート届けよう 10万人モニター募集キャンペーン」の実施期間中、「あつあつ」なコーヒー体験をお届けするとともに、心も「あつあつ」にしたいというコンセプトのもと、同ブランドサイトにおいて、コーヒーのゆげでくもった窓ガラスに文字やイラストを自由に描くことができるWEBコンテンツ、「ゆげメッセ」を公開しています。みんなでお題に答える「大喜利 ゆげメッセ」と、グリーティングカード感覚で使える「あつあつゆげメッセ」、それぞれたくさんの「ゆげメッセ」が投稿されています。

今回、当社では、「ゆげメッセ」コンテンツの公開にあたり、20~40代の男女500名を対象に、「メッセージ」に関する調査を実施しました。


■ 心があたたまるメッセージ、ベスト3は「感謝の言葉」・「信頼の言葉」・「気遣いの言葉」
「お父さん、ずっと大好きだよ」、「いつまでもうちの宝物」・・・心があたたまったメッセージ

はじめに、「心があたたまるメッセージ」とはどのようなものかを調査しました。
「あなたが、一番心があたたまると思うメッセージはどのようなものですか?」と聞いたところ、54%と半数以上が「感謝の言葉(いつもありがとう、など)」と回答。次いで、「信頼の言葉(いつも助かっているよ、など)」(16%)、「ねぎらいの言葉(いつもご苦労さま、など)」(9%)、「気遣いの言葉(体調はどう?、など)」(8%)などが上位にあがりました。相手が自分のことを大切に想い、気にかけてくれている様子が伝わった時に、心があたたまると感じる人が多いようです。

続いて、「この1年で、あなたの心を一番あたたかくしてくれた相手は誰ですか?」と聞いたところ、未婚者においては「恋人(彼氏・彼女)」(21%)、「同性の友人」(18%)、「母親」(14%)が上位に。一方、既婚者においては、「パートナー(夫・妻)」(43%)、「子供」(31%)、「同性の友人」(6%)が多い結果となりました。

また、実際にその相手からもらって、心があたたまったメッセージを聞いたところ、「娘から“お父さん、ずっと大好きだよ”と言われた。(45歳・男性)」、「夫が“家で待ってくれていると思うと早く帰りたくなる”と言ってくれた。(28歳・女性)」、「結婚してすでに家を出ているにもかかわらず、母親が“あなたはいつまでもうちの宝物”と言ってくれた。(30歳・女性)」などがあがりました。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング