クロスプラットフォーム再生ソリューションを可能にした 最新版メディアプレイヤーPowerDVD 13 を発表

PR TIMES / 2013年4月2日 16時25分

~さまざまなデジタルデバイスでの再生に対応、高精細ビデオ4Kをサポート、 また Blu-ray動画をさらに高品質画像に変換する業界最新メディアプレイヤー ~

台湾 台北(2013 年 4 月 2 日)CyberLink Corp.(5203.TW)(本社:台湾新北市、以下 サイバーリンク株式会社)は、Blu-ray、3D、そしてHD ビデオに対応したPC用メディアプレイヤー最新版 PowerDVD 13 を発表しました。PowerDVD は毎年 1 億本のセールスを誇り、世界中からユーザー様の支持を承っております。



PowerDVD 13 は世界で唯一のクロスプラットフォーム再生ソリューションとして、最先端のタブレットやスマートフォンでの再生に対応しています。より進化した TrueTheater(TM) 技術により、 Blu-ray を含む全てのコンテンツがオリジナル画質よりも高画質でお楽しみいただけます。

サイバーリンク 最高経営責任者 (CEO) アリス・チャン (Alice H. Chang)は以下のようにコメントしています。 「デジタルメディアの供給、クラウドサービス、利用形態は驚くほど進化しています。この最新版 PowerDVD はユーザー様のマルチメディア体験に大きな変化をもたらすでしょう。PowerDVD 13 は急速に変化するモバイル環境に対応しているだけでなく、さらに進化した独自技術のTrueTheater(TM) 技術により、全てのメディアをオリジナル画質よりも高画質でお楽しみいただくことができます。」

PowerDVD 13 Ultra には新たに 60 を超える新機能が追加されました。シネマモードでのファイル再生に加え、CyberLink の独自技術 TrueTheater(TM) 機能で映像を補正して再生、DVD に加えて Blu-ray のアップスケーリング、直感的なソフトウェアデザインや最新のテクノロジーを体験できます。

■ HD を超える映像再生
CyberLink の独自技術 TrueTheater(TM) で映像や色の輝度を補正したり、Blu-ray や HD ビデオをフル HD 以上の高解像度ディスプレイ WQHD (2560x1440)でアップスケール再生ができます。

■ 起動時間の短縮とレスポンスを高速化
新ソフトウェアアーキテクトとアプリケーションの最適化で PowerDVD のレスポンスを高速化しました。BD-Live バイパス技術で Blu-ray の再生待ち時間を最大 58% 短縮、さらに動画、写真、音楽ファイルの再生開始までの時間を短縮させました。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング