ビタミンの力を肌に活かす、エイジングケア発想のスキンケアシリーズ  「ダーマエナジー」シリーズ3製品を新発売

PR TIMES / 2013年8月29日 14時5分

発売日:2013年9月26日(木)

第一三共ヘルスケア株式会社(本社:東京都中央区、社長:西井良樹)は、エイジングケア(※1)発想のスキンケアシリーズ「ダーマエナジー」のラインアップ追加として、保湿クリーム「ダーマエナジー モイストリフト クリーム」と保湿化粧水「ダーマエナジー モイストリフト ローション II」、ミルク状美容液「ダーマエナジー エッセンス パーフェクション M」(いずれも化粧品)を本年9月26日(木)に新発売します。
なお、本製品は通信販売限定品で、ご注文やお問い合わせは当社通信販売専用の「お客様サービスセンター」およびウェブサイト「ダーマエナジー ショッピングサイト」にて受け付けます。



肌の悩みは、40歳を過ぎた頃から「しわ」「くすみ」「乾燥」「毛穴の目立ち」「たるみ」など、複合的に生じることが少なくありません。
当社はそれぞれの悩みに対処するのではなく、根本的な原因である潜在肌力(防御・代謝・産生等基礎的な肌機能の総称)の低下への対処が必要であると考え、活力のある肌に欠かせないビタミンに着目しました。

ビタミンには光や酸素などにより活性を失いやすいという課題があります。当社は独自の高分子乳化技術により、ビタミンの活性を保ち、角質層への浸透を高めることに成功しました。
ダーマエナジーシリーズはこの技術を採用する(※2)とともに、組み合わせによって力を発揮するビタミンの特性を活かし、5種のビタミン(※3)をバランスよく配合しています。
さらに、4種のバイオ由来成分(※4)なども加え、年齢が気になる肌を若々しくいきいきとした肌に導きます。

このたび発売する「ダーマエナジー モイストリフト クリーム」は、特に乾燥やハリのなさが気になる方に適した保湿クリームです。
保水性に優れた成分「オアシスエナジー」(※5)を新たに配合し、水分を油分と多重的に結合させて抱え込む「ゲルネットワーク構造」(※6)を採用することにより高い保湿力を実現しました。濃密なクリームが肌に美容成分を長時間留まらせて保湿し、ハリとツヤを与えます。
また、「ダーマエナジー モイストリフト ローション II」と「ダーマエナジー エッセンス パーフェクション M」は、お好みの使用感や肌の状態に合わせてお選びいただけるよう、従来品の保湿化粧水とミルク状美容液に加えて発売するものです。


※1 年齢に応じた肌のお手入れ
※2 「ダーマエナジー エッセンス パーフェクション」「ダーマエナジー エッセンス パーフェクション M」に使用
※3 ビタミンA・B・C・D・E(保湿):ビタミンA油、トリスヘキシルデカン酸ピリドキシン、テトラヘキシルデカン酸アスコルビル、コレカルシフェロール、酢酸トコフェロール
※4 酵母エキスTRF(サッカロミセス溶解質エキス)、シーフェンネル幹細胞エキス(クリスマムマリチマムカルス培養液)、低分子コラーゲンペプチド(加水分解コラーゲン)、
デトキシーPEエキス(プランクトンエキス、フェルラ酸アルギニン)
※5 グリセリルグルコシド
※6 「ゲルネットワーク構造」は肌の潤いを守る細胞間脂質と似た構造で、水分をゲルネットワーク中に多く抱え込んで逃がさず、且つ手に取ると柔らかくのびのよい使用感をもたらします。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング