【NRA】2013年の振り返り 会社員に聞いた今年のネット炎上

PR TIMES / 2013年12月27日 20時6分

~2013年、最も印象に残ったネット炎上ニュースは 「メニューの誤表示問題」~

(社)ニューメディアリスク協会(理事長:中村伊知哉、所在地:東京都港区赤坂3-13-3)では、2013年に起こった主なネット炎上、ならびに自社のWebリスク対応策などについて調査を実施。調査期間は2013年12月24日~25日。全国20歳以上の男女にWebアンケート方式により調査を行い、500人から有効回答を得ました。



2013年に起こったネット炎上で知っている炎上、印象に残った炎上
知っている炎上の1位は「アイスケースに入って遊んだ写真を投稿」(45.6%)、2位は「店内で客が全裸写真を撮影で炎上」(42.4%)。一方、印象に残った炎上の1位は「メニューの誤表示問題」(15.6%)、2位は「市長の風俗業活用に関する発言」(12.5%)となった。

今年のネット炎上への印象について
最も多いのは「アルバイトを含む従業員の暴言や情報漏洩による炎上」との回答で、35.4%となった。一方で、前年に37.2%で最も多かった「テレビや新聞の事件を発端とする炎上」との回答は7.8%で、大きく減少している。


利用している(投稿を行っている)ソーシャル・ネットワーキング・サービス(以下SNS)
1位:facebook(26.6%)、2位:LINE(19.4%),3位:twitter(16.8%)、4位:mixi(7.4%)など。SNSを利用していないと答えた人も56.6%いた。


自社のネット炎上対策について
ネット炎上など、自社のリスク対応について「大変満足している」「満足している」と答えた人は全体の60.2%で、残り39.8%は「不安である・大変不安である」と回答。
具体的な取り組みについては「社内向けガイドライン作成」(18.4%)「研修実施」(11.6%)など、いずれも20%未満で、67.2%が「何も取り組みは行っていない」と回答。


2013年を振り返り/社会変化に対応したリスク対策を
2013年は、アルバイトや従業員の不用意な投稿を発端とする炎上が多数発生した。また、「メニュー誤表示問題」では、同様の問題が他の企業でも次々と明らかとなった。
このように、ひとつの炎上事件をきっかけとして、類似の事案が立て続けに発生する傾向が強まっている。社会変化に伴い、炎上のリスク要因も変化していっており、今後は最新の動向に合わせた炎上対策が重要となってくるのではないだろうか。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング